学生×シゴト総研

Vol.345 先輩たちに聞きました。インターンシップで得たものは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターンシップでは、得るものがありましたか?

img_souken_graph01_vol345

インターンシップに参加したことがある大学2年生~大学院2年生に、得るものがあったかどうかを尋ねたところ、9割弱が「はい」と回答し、大多数の学生が「得るものがあった」としていることがわかった。

属性別では、女子学生よりも男子学生、学部生よりも大学院生の方が、収穫があったとしている学生の割合が高い傾向が見られた。特に、大学2年生と大学院1年生は、インターンシップに参加したことがあるすべての学生が「はい」と回答し、満足度の高さがうかがえた。

 

どんな収穫がありましたか?(複数回答)

img_souken_graph02_vol345

次に、どんな収穫があったかについて尋ねたところ、「現場の空気に触れられた」と「業務への理解が深まった」が6割弱でほぼ並び、「社会人としてのマナーを学んだ」と「会社研究・業界研究ができた」が4割台で続いた。

 

midashi_souken_345

航空会社と旅行会社、大学という産学連携によるインターシップで、プレゼンテーション能力が向上しました。(日本文化学部4年・女子学生)

 

総合建設業の大手メーカーで、大型商業ビルの建設現場の躯体工事や地下の掘削工事を見学した。5日間という短い期間であったが、社会人としての責任の大きさや、現場の緊張感を身近に味わうことができた。(理工学部4年・男子学生)

 

カフェチェーンのインターンシップ。1日7時間と長かったが、マーケティングや店の作り方、商品の売り方など、ブランド戦略について学べました。(商学部4年・女子学生)

 

IT業界のSIer(システムインテグレーター)企業で3日間、システム開発の上流工程の流れを体験した。顧客の要望をただ事務的に聞くだけでは、より深いニーズを掘り下げることができないので、まずは相手の懐に飛び込むためのコミュニケーション能力が必要なことがわかった。(大学院総合情報学研究科1年・男子学生)

 

重工メーカーにて、海外事業展開戦略のシミュレーションを体験。メンバーと議論を交わし、一つの結論にたどり着くまでの難しさや楽しさを学んだ。最後には全員の前でプレゼンテーションを行ったことで、度胸がついたと思う。(言語文化学部4年・女子学生)

 

広告業界での無期限インターンシップ。営業同行をする中で、多くの社長さんと名刺交換ができたことから、ビジネスマナーが身につきました。そして、これまで営業職に抱いていたイメージが、良いものに変わりました。(経済学部4年・女子学生)

 

外資系コングロマリット(複合企業)での2カ月のインターンシップ。世界中の各拠点とどのようにコミュニケーションをとりながら仕事を進めているのかが、よくわかった。(大学院基礎工学研究科1年・女子学生)

 

鉄道会社で3日間の、研修を主としたインターンシップでしたが、学生を相手に本格的に専門知識を教えてもらえたことが収穫でした。(工学部4年・男子学生)

 

食品メーカーの直売店舗でのワンデーインターンシップ。新商品開発のためのグループワークで、いろいろなインターン生とディスカッションすることで、自分にはなかった視点を相手から学ぶことができた。自分の適性、グループ内での役割もわかったので、次回に生かすきっかけとなった。(国際教養学部4年・女子学生)

 

人材広告の会社で、架空の店舗を想定した広告づくりを体験。顧客から依頼を受けて広告を作る立場なだけに、自分の好みやこだわり、エゴで作るのではなく、顧客の要望に沿った広告づくりが求められることがわかった。(人文学部3年・女子学生)

 

サッカー教室のワンデー(1日)インターンシップ。子どもたちにサッカーを教えたり、一緒に試合をやったりした。サッカーは、結果がすべてだと思っていたが、「結果を求めず楽しさを求める」というあり方もあるのだと、認識があらたまった。(文学部4年・男子学生)

 

グルメサイト運営会社での1週間のインターンシップ。会社の方との打ち合わせを通して、情報を過不足なく相手に伝えることが大事だということがわかった。(文教育学部2年・女子学生)

 

g_hitorigoto

すごーい! インターンシップに参加した先輩たちのほとんどが「得るものがあった」と評価しているのね。インターンシップは、アルバイトでは経験しにくい業務を体験したり、興味がある会社の現場の雰囲気や社風などに触れるまたとないチャンス。「社会」に触れる予行演習として検討してみてはいかが? 先輩たちのインターンシップ体験談は「みんなのインターンシップ★レポ」でも読めるし、『リクナビ2018インターンシップ』には、多くの企業のインターンシップ情報が載ってるから、ぜひチェックして、早速この夏の参加を検討してみて!

 

文/日笠由紀 イラスト/中根ゆたか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加