学生×シゴト総研

Vol.194 先輩たちに聞きました。 インターンシップに参加した?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターンシップに参加したことがありますか?就活にスケジュール管理は必要

 

大学2年生~大学院2年生に、インターンシップに参加したことがあるかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えたのは、約7人に1人にとどまり、インターンシップ参加経験のある学生は、ごく少数であることがわかった。
属性別に見ると、大学2年生・大学3年生には参加経験のある学生が少ない一方で、大学4年生~大学院2年生の平均参加率は2割以上に上り、大学3年次に初めてインターンシップに参加する学生が多いことがうかがえた。

 

 

 

 

 

学校でのインターンシップだったので、最終日に子どもたちから感謝の気持ちを綴(つづ)った手紙をもらったときは感動した。(大学2年生・人間社会学部・女子学生)

 

大学3年の夏に、県庁のインターンシップに参加。今まで、地元ゆるキャラの着ぐるみの「中の人」は、外部のアルバイトの人だと思っていたのだが、実は県の職員だということが判明。公務員の仕事内容が、実に多岐にわたることを実感した。自分自身も、着ぐるみを着て接客をしたことが、今でも忘れられない。(大学4年生・工学資源学部・男子学生)

 

海外のコンサルティング企業の3週間のインターンシップ・プログラムでは、定時の17時になると、社員が皆すぐに帰宅することにビックリ。社員の方にそう言ったところ、「繁忙期は残業するけど、そうでなかったら会社に長く残る必要はないでしょう?」と当然のように返され、再びビックリ。日本では、よく「たとえ自分の仕事が終わっていても、上司や先輩に遠慮して定時には帰れない職場もある」といった話を耳にするので、あらためて日本と海外の違いを感じた。(大学4年生・文学部・女子学生)

 

メーカーの組み立てラインのインターンシップに参加した。大型機器の一部分だけを担当したため、自分の組み立てたユニットがどういう役割を果たしているのかずっとわからなかった。しかし、最後に完成品の動きを見て、5日間やってきたことがつながった気がして、うれしくなった。(大学4年生・理工学部・男子学生)

 

大学3年の秋、広告会社のインターンシップでは、自分で作ったインターネット広告をFacebook上でPRするというプログラムに参加。思った以上に、多くの人が私の作った広告を目にしていたことがわかり、驚きました。これほど影響力のあるものなんだということを、もっと意識して作るべきだったと反省しました。(大学4年生・人文・文化学部・女子学生)

 

通信業界での5日間のインターンシップに参加した。熱血社員が多い会社だったみたいで、最終日に別れを惜しんでいたのは、私たち学生よりも、むしろ社員の人たち。感動で瞳を潤ませていた姿が印象的だった。(大学4年生・経営学部・男子学生)

 

メーカーでの4週間の研究開発体験プログラム。担当箇所以外のバグを発見し、報告することができたのがひそかな自慢です。(大学院2年生・システム情報科学府・女子学生)

 

2 年前にインフラ関係企業のインターンシップに参加した。自分の専攻とはまったく関係性のない業種だったのに、個人学習の発表の場では最優秀賞を受賞。担当者に「私に人事権があれば、ぜひあなたを雇いたい」と言われたのにはびっくりした。(大学院1年生・体育科学部・男子学生)

 

老人ホームでのインターンシップで食事介助をしていたときのこと。横にいたおばあさんが何かモゾモゾしているな、と思っていたら、「はっくしゅ~ん!」という大きなくしゃみと共に、おばあさんの入れ歯が外れて飛んできた。一番近くにいた私は思わず笑ってしまい、ご本人も含めた、その場のみんなで大爆笑。ほのぼのしたいい思い出になった。(大学4年生・福祉学科・女子学生)

 

大学院1年の夏、あるコンサルティング会社のインターンシップに参加した。10日間のうち、なんと5回も飲みに誘っていただいた。機会があればいくらでも飲みたい人たちみたいで、仲が良いんだなと思った。(大学院2年生・工学研究科・男子学生)

 

さる議員事務所でのインターンシップ。内気でなかなか自分の意見が言えなかった私が、1カ月後には、ハキハキと自分の意見が言えるようになった!(大学2年生・文学部・女子学生)

 

大学1年の夏のインターンシップでは、僕の考えた作業方法が現場で採用された! もっと良いやり方が考案されるまで、僕の名前をつけて使ってもらえることになってうれしかった。(大学3年生・繊維学部・男子学生)

 

 

https://journal.rikunabi.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/05/hitorigoto_g.png

へえ~。インターンシップって、海外でのプログラムもあれば、国内でも多岐にわたる業種・組織によるいろいろなプログラムがあるのね。参加した先輩たちも、びっくりしたり、笑ったり、感動したり、反省したり、思わぬ収穫があったりと、実にさまざまな経験をしている様子。『リクナビ2015インターンシップ&キャリアには、1300社を超える企業のインターンシップ情報が載ってるから、今すぐチェックよ!

 

 

 

文/日笠由紀 イラスト/中根ゆたか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加