就職ジャーナル | 1日10分の社会勉強サイト

HOME > 学生DATA > 学生×シゴト総研 > インターンシップの選考内容

掲載日:2009年8月20日

インターンシップの選考はどのような内容でしたか?

エントリーしたインターンシップには、エントリーシートや面接などの事前選考がありましたか?

解説
 エントリーしたインターンシップに事前選考があったかどうかを尋ねたところ、8割近くの学生が事前選考を受けていることがわかった。首都圏では79.2%、関西圏では80.0%の学生が事前選考を受けているのに対して、その他の地域で事前選考を受けた学生は67.9%と7割に満たなかった。

事前選考があった方にお伺いします。事前選考の内容は何でしたか?(複数回答)

解説
 8割を超える学生が、「書類・エントリーシート」での事前選考を受けており、「面談・面接」「説明会・オリエンテーション」はいずれも3〜4割と、その半数にも満たない。また、6人に1人は「抽選」による選考を受けていた。1割程度だが、筆記試験でクレペリン検査やSPIなどを受けていた学生もいた。 ※クレペリン検査とは…性格診断検査のひとつ。連続する数字を隣同士足し合わせ、一定時間内にどれだけの足し算をどれだけの精度で行えるかによって、性格や職務適性を診断する検査のこと。

書類選考では何を聞かれましたか?(複数回答)

解説
 約6割の学生が、その会社のインターンシップにエントリーした理由・動機を尋ねられていた。続いて、「自己PR・自分の長所と短所など」を聞かれていた学生が4割弱。このなかには「自分を漢字一文字にたとえたら?」「自分を動物にたとえたら?」など質問されるケースも少なくなかった。「学生時代に頑張ったこと・力を入れたこと」は3割強、「インターンシップで何をしたいか」も2割強の学生が尋ねられていた。「その他」には、「気になるニュースについて」「集団において何かを成し遂げた経験」「今、夢中になっていること」などを尋ねられたケースが複数あった。

面談・面接やグループ面接・グループディスカッションでは何を聞かれましたか?(複数回答)

解説
 約4割の学生が、その会社のインターンシップにエントリーした動機について尋ねられていた。また、5人に1人は、「自己PR・自分の長所と短所など」についての質問を受けていることがわかった。エントリーシートで3割強の学生が記述を求められた「学生時代に頑張ったこと・力を入れたこと」については、面接時に尋ねられた学生は1人のみ。学生時代の成果については、面接ではなく書類で検討する傾向があるようだ。「その他」には「サークル活動」「組織でのあなたの役割」「環境問題に対する考え」「雇用問題は衆院選を機に変わるか?」などがあった。

事前選考ではどんなことを聞かれましたか?〜リアルボイス編〜

エントリーシートでは、「このインターンシップにエントリーした理由」「今までに体験した凄いこと」「気になる経済ニュース」について尋ねられました。(経済学部・女子学生)

書類選考時に「エントリーした動機」「自発的に行動した結果、成功した体験」を聞かれました。(大学院工学研究科・男子学生)

筆記試験に出題されたのは、「新規事業をするのならばどんなことをしたいと考えているか、500字以内でまとめなさい」というものでした。(経済学部・女子学生)

エントリーシートでは、「研究内容」「なぜインターンシップに参加しようと思ったか?何をやりたいのか?」「インターンシップで活かせるスキルは何?」「自分はグループのなかでどんな行動をとる人物か?」などについて答えました。(大学院生命環境科学研究科・女子学生)

エントリーシートでは「インターンシップを通して何を得たいか?」、事前選考の面接では「今後の雇用問題は、今度の衆院選を機に変わるか?」について聞かれました。(商学部・男子学生)

「自分が人から言われることで、腑に落ちない点と、納得がいく点をそれぞれ挙げよ」「面白いクイズを作れ」「あなたしか知らない情報を書け」といったユニークな内容のエントリーシートでした。面接は、面接担当者2人に対して学生5人のグループ面接。「自己PR」「好きな番組」「今日これから見る予定の番組」などを尋ねられました。(経済学部・女子学生)

事前選考の面接時の質問は、「あなたが当社の社長になったら、どのような経営方針を立てますか?」というものでした。(理学部・男子学生)

研究員Gのひとりごと

インターンシップに参加するには、エントリーシートや面接等々、なかなか手ごわいハードルがあるのね〜。事前選考で尋ねられるのは、動機や自己PRと、どれもきちんと準備しておかないと、ごまかしが利かない項目ばかり。でも、この機会にこうした「就活マスト項目」について自分の考えをまとめておくことで、就活本番への心構えができちゃうし、人事担当者とのコミュニケーションにも慣れることができるから、たとえインターンシップに参加できなかったとしても、結構な収穫よ。思えば私も事前面接で志望職種を聞かれたとき、イケメン人事担当者につられて「人事部です!」って答えたはいいけど、理由を突っ込まれてしどろもどろになったものだわ…。

研究員G
この記事を共有する

文/日笠由紀 イラスト/中根ゆたか デザイン/ラナデザインアソシエイツ

  • バックナンバーはこちら
page top