就職ジャーナル | 1日10分の社会勉強サイト

HOME > 仕事・キャリア > 海外駐在員ライフ > From Luxembourg

掲載日:2010年9月7日

海外駐在員ライフ

Vol.61 ルクセンブルクに住み、ドイツで働く生活

「越境通勤」でもパスポートは不要

はじめまして。Andyです。日系グローバル企業に勤務し、ドイツ支社で働いています。

オフィスはドイツにあるのですが、住んでいるのは隣国のルクセンブルクです。ルクセンブルクは、ドイツとベルギー、フランスに囲まれた、神奈川県ほどの広さの小さな国ですが、インターナショナルスクールや日本人向けの補習授業校があることから、子どもの教育などの理由でルクセンブルクに住む社員が多いのです。

したがって、毎日、国境を越えて通勤しています。片道45キロメートルの道のりを自動車で通っていますが、通勤時間は片道40分程度。ルクセンブルクと近隣国はシェンゲン協定(国境検査が撤廃される協定)国なので、パスポート検問は一切なく、高速道路でも減速の表示がある程度です。そのため、毎日、国境を越えて通勤しているという実感はあまりありません。

また、ルクセンブルクもドイツもEU加盟国なので、通貨もユーロで共通しており、そういった意味でも、「越境通勤」が日常生活に及ぼす影響はさほどないように感じています。

「酒」「たばこ」「ガソリン」は安いルクセンブルク

一方、ルクセンブルクと隣国とで違いを感じるのは物価水準です。

一般的に、物価はルクセンブルクの方が高めです。特に食料品にその傾向が見られます。その一方で、「酒類」「たばこ」「ガソリン」については、税率の関係でルクセンブルクの方が安い傾向があります。

特にガソリンについては、ドイツではディーゼル燃料が1リットル当たり約1.2ユーロ(約140円)、フランスやベルギーでも約1.15ユーロ(約120円)なのに比べて、ルクセンブルクでは約1.0ユーロ(約110円)と安いため、国境近くに林立するルクセンブルクのガソリンスタンドは、毎週末、隣国ナンバーの車で込み合っています。

こうしたガソリンスタンドは、併設の売店が酒やたばこも扱っているため、ますます隣国の人々をひきつけているようです。また、日曜日は営業しない一般の小売店の代わりに、コンビニエンスストアの役割も果たしています。

次回は、グローバル企業でのコミュニケーションのあり方についてお話しします。

Reported by Andy
ドイツにオフィスのある日系グローバル企業に勤務する、ルクセンブルク在住の駐在員。ルクセンブルク生活の楽しみは、近隣諸国への旅行と、自宅周辺の散策など。
ドイツとの国境。建物の先にある橋の向こう側がドイツ、手前がルクセンブルク。
ドイツ、フランス、ルクセンブルク3国の国境に位置する街「シェンゲン」には、シェンゲン協定締結記念碑が建てられている。
国境付近の「ガソリンスタンド街」。
この記事を共有する

構成/日笠由紀 デザイン/ラナデザインアソシエイツ

  • バックナンバーはこちら
page top