<後編>パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社

今回の取材先 パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社
事業内容:家電から住宅、車載、B to Bソリューションまで、幅広い事業をグローバルに展開するパナソニックの全事業をITで推進。製品の開発・設計、製造、物流、販売の仕組み、IT基盤・ネットワーク、モノとインターネットをつなぐIoTやデータ分析など、製品がお客さまの手元に届くまでの全プロセスにおけるITソリューションを提供。また、パナソニック以外のさまざまな業種・業界における経営課題の解決にもITで貢献している。

前編では、入社8年目の中谷 誠(なかたに・まこと)さんに、新人時代についてお話をうかがいました。後編では、これまでのキャリアの中で印象に残っていること、1日のスケジュールについて紹介します。

印象に残っている仕事とパナソニック インフォメーションシステムズで働く魅力

-担当してきた仕事で印象に残っていることを教えてください

2014年1月から家電卸販売会社のプロジェクトを担当することになり、度々東京に出張していたところ、5月に東京に転勤となりました。手がけたのは、営業部門が活用する家電商品のデータベースの構築と、そのデータベースを基にした商品情報のカタログサイトのリニューアルです。

 

それまで担当していたのはパナソニックグループの社員が利用する社内システムでしたが、この時担当したのは世の中の一般のお客さまに使っていただくWebサイト。例えば、システムの処理スピードが遅くレスポンスが悪いと感じられると、そのサイトは二度と見てもらえなくなります。シビアな処理性能が求められる上、今までにない大規模なプロジェクトだったので、私にとっては大きなチャレンジでした。

 

着手から約1年半、2015年6月にリニューアルサイトのオープンを迎えましたが、オープン前の導入テストでは100件近い課題が生じるというピンチに遭遇。予定日までにすべてを解決するのは困難なことから、優先順位を決め、家電卸販売会社の方々と一緒に解決に当たり、なんとかクリアすることができました。打ち上げ会ではねぎらいの言葉をもらい、それまでの疲れが一気に吹き飛びました。広く世の中の一般のお客さまの目に触れるサイトを初めて完成させたことで、「情報システムという自分の仕事が、目に見える形になった」という実感が湧き、これまでにない喜びを味わうことができました。

 

-今後の目標を教えてください

現在メインで担当しているのは、家電商品のプロモーションサイトの仕組みづくりです。サイトのプログラムは自由に設計できますが、パナソニックとして統一感のあるテンプレートを作ることと、サイトの分析をしやすい仕組みをつくることに取り組んでいます。プロモーションサイトは、カタログサイト以上に多くのお客さまに注目されるサイトなので、やりがいを感じています。

 

業務目標としては、現在推進中のプロモーションサイトのプロジェクトをやり切ること。また、Webサイトは作って終わりではなく、運営を継続的に改善していくことが重要なので、その体制づくりにも取り組んでいきたいと思っています。ユニットリーダーとしての目標は、自分の組織(ユニット)を強くし、ビジネスを拡大していくこと。新人時代は、自分の担当業務の成果に集中しながら自己成長に励んできましたが、現在は、任される仕事もメンバーも増えています。リーダーとして、メンバーのスキルアップや新しいことにチャレンジする動機付けを意識し、新しいテクノロジーをいち早く取り入れて一緒にスキルアップし、組織としてのスケールアップを目指します。

 

-働いてみて感じるパナソニック インフォメーションシステムズの魅力を教えてください

なんといっても事業領域の広さ。仕事を通して、自分の活躍領域を増やしていけることが魅力です。現在は国内の家電を担当していますが、製造や商品開発などの領域もありますし、グローバルで活躍することもできます。当面は、家電という領域を極めていきたいと考えていますが、メーカーのITソリューションエンジニアとして、工場の生産管理などの分野にもチャレンジしてみたいですね。

 

-学生へのメッセージをお願いします

インターンシップ、アルバイト、ボランティアなどなんでもいいので、積極的に社会とのかかわりを持つことが大切だと思います。社会とかかわるということは、いろいろな人に接して、いろいろな価値観に触れること。私の場合は、大学院の研究室という組織の中で先生という上司のような存在と接してきたことが、ある種の社会とのかかわりでしたし、インターンシップに参加したことも良かったと思います。

 

ある一日のスケジュール

7:00 起床。
8:30 出社。
9:00 朝ミーティングに参加。推進中プロジェクトの進捗と課題を確認。
10:00 家電卸販売会社へ移動し、新規案件のキックオフ会議に出席。
12:00 昼食。
13:00 推進中のシステム開発プロジェクトで、商品サイト制作会社との進捗共有会。
16:00 帰社。パートナー会社から届いた推進中の開発テーマに関する資料を確認。
17:00 推進中プロジェクトの個別課題を検討後、お客さまへの説明資料を作成。
18:30 退社。週2、3回は帰宅後にランニングをしている。

 

プライベート

友人に誘われて2016年5月にマラソンを始め、2017年7月に北海道の函館で開催されたハーフマラソンに参加。完走賞にもらったタオルを手に、社外のランニングサークル仲間と(最前列左が中谷さん)。

 

取材・文/笠井貞子 撮影/鈴木慶子

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。