<前編>【MCフードスペシャリティーズ株式会社】シゴトバ紹介

調味料や食品素材を通じて日本人の食生活を支える「MCフードスペシャリティーズ」のシゴトバ紹介

-基本情報-
【本社所在地】東京都千代田区
【支社・支店】支社/東日本(東京)、関西中部(大阪)、西日本(福岡) 支店/札幌、東北(仙台)、名古屋、中四国(広島)
【事業場】東京マーケティングセンター(東京)、アプリケーションセンター・製品開発研究所・生産技術センター・基盤研究センター・土浦工場(いずれも茨城県稲敷郡)、日光工場(栃木県日光市)
【従業員数】679名(2017年1月1日現在)
【事業内容】調味料、甘味料、品質改良剤、酵母関連素材、製菓・製パン資材、調理・製菓用酒類などの研究開発と製造、販売、輸出入
-MCフードスペシャリティーズのすごいトコロ-
加工食品、ハム・ソーセージ、漬物、パン、中外食メニューなど、世の中に流通しているさまざまな食品を、おいしく、なおかつ効率的に作るために欠かせない調味料や食品素材の開発と製造・販売を手がけるMCフードスペシャリティーズ。「いの一番」などの家庭向け商品もあるが、売り上げのほとんどが加工食品メーカーやテイクアウトの総菜チェーン、飲食店などの業務用。各分野で専門性の高い知識と技術を持つ研究員が開発に当たっている。
今後は「おいしさ」「安心・安全」に加え、「機能性」「健康」といったテーマにも力を入れていく。外食はもとより、中食業界の拡大を受けて堅調な国内業績を維持しつつ、グローバルな展開で市場拡大を目指している。

MCフードスペシャリティーズの会社概要・沿革

2009年4月、協和発酵工業を母体とした協和発酵フーズと、武田薬品工業を母体とするキリンフードテックが統合して生まれたキリン協和フーズ。さらに2010年にはメルシャンの加工用酒類事業が統合。その後、三菱商事グループの一員となったことから、2014年1月に現在のMCフードスペシャリティーズに社名変更し、新たなスタートを切りました。
さまざまな食品素材を扱う企業が集合したことにより、幅広い分野で開発を行う研究者が多く在籍。新製品の開発にも積極的に取り組んでいます。

 

研究開発統括本部 製品開発研究所 醸調・酒類グループのシゴトバ紹介

今回は研究開発統括本部 製品開発研究所 醸調・酒類グループのシゴトバを紹介します。
常磐線荒川沖駅から車で10分ほどの場所にある土浦工場。つい数年前まで、梅酒作り用の梅林もあったほど広大な敷地内には、生産工場だけでなく製品開発研究所や生産技術センター、基盤研究センターなどもあり、国内での研究開発と製造における一大拠点になっています。
周辺には茨城大学農学部のキャンパスや、東京医科大学茨城医療センター、県立医療大学など、大型の医療機関や教育施設が点在。そんな土浦工場で働いているのは、グループ企業の社員も含めて約300名。正門のすぐそばにバス停もありますが、社員の9割以上が自家用車で通勤しています。

 

研究開発統括本部 製品開発研究所 醸調・酒類グループのシゴトバではどんな仕事をしているの?

今回は研究開発統括本部 製品開発研究所 醸調・酒類グループの佐々木絵美さんに案内していただきました。

 

「製品開発研究所には60名の社員がいて、私が所属する醸調・酒類グループをはじめ、事業ごとのグループと分析研究を行うグループに分かれて開発をしています。製品としては「いの一番」や、フリーズドライのスープやみそ汁などの一般家庭用もありますが、90パーセント以上はBtoB製品。加工食品メーカーや外食チェーン、チェーンの総菜店などに向けた業務用です」(佐々木さん)

 

醸調・酒類グループでは、料理酒、みりん、醸造調味料、ワインやブランデーなどの洋酒、そしてエタノールを使った日持ち向上剤の開発をしています。ワインやみりんといった商品による基本的な担当分けはありますが、足りない部分はお互いにカバーしあいながら研究開発を進めています。

 

研究開発統括本部 製品開発研究所 醸調・酒類グループ 佐々木絵美さんのおシゴト紹介


▲顕微鏡を見ながら培養した細菌のデータを取っている佐々木さん。

 

佐々木さんが担当しているのはエタノール製剤。エタノールとは、アルコール類の1種であるエチルアルコールのこと。醸調・酒類グループに含まれていますが、調味料ではなく、除菌や食品の日持ちにかかわる製品です。
「食品を日持ちさせるための製品としては、例えば生の麺類の原材料名にある『アルコール』がそれに当たります。生の麺は、そのままでは数日で品質が劣化してしまいますが、エタノール製剤を使うことで日持ちするようになります。特に中華麺では、数日を数週間まで延ばすことができます」(佐々木さん)

 

そんな佐々木さんが昨年開発したのは、「エークイックFORTE(フォルテ)」という除菌用のエタノール製剤。数年前に発売された先行商品「エークイックPRO(プロ)」の機能強化版です。
食中毒対策で使われることが多いエタノール製剤ですが、黄色ブドウ球菌やO-157などの細菌性の食中毒には効果があっても、ノロウイルスに代表されるウイルス性食中毒にはあまり効果がありませんでした。そこで「ノロウイルスに効く製品を作る」がテーマとして与えられたのです。
「エタノール製剤には、非危険物規格と危険物規格の2種類があります。アルコール度数が高いと危険物規格となり、保管できる量や場所などのルールが厳しくなります。でも除菌効果は確実に高いので、機能強化版を作るなら、危険物規格のエタノール製剤を開発するしかないというのは、私だけでなくグループとしても一致した意見でした。そのため、最初からいろいろな菌に対しての除菌効果試験をひたすら繰り返し、1年半ほどかけて製品化することができました」(佐々木さん)

 

とはいえ、危険物規格と聞くと、食品を扱う場所で使っていいのか気になります。
「大量に保管できないといった保管場所などのルールはありますが、もともとお酒に含まれているアルコールと同じ成分ですし、製品化するに当たっては用量なども厳密に決まっているので、万が一口に入っても安全です。また、エタノール製剤同様、よく除菌に使われる次亜塩素酸ナトリウム、つまり塩素系除菌・漂白剤のような嫌な臭いもありません。それに今回は工場で大量に使うのではなく、お菓子屋さんやお総菜屋さんのような所で、店頭で手軽に使えることをイメージし、ボトルデザインなども工夫しました。それなら先行する「PRO」とも競合しないと思ったのです」(佐々木さん)

 

研究するだけでなく、「商品化したときのターゲットや販売方法までイメージして取り組む姿勢は、研究者にも欠かせません」という佐々木さん。製品化が終わり、今は完成した「FORTE」の販促用の資料作りなどにも取り組んでいるそうです。

 

前編では、【MCフードスペシャリティーズ 研究開発統括本部 製品開発研究所 醸調・酒類グループ】のシゴトバを紹介しました。
後編では佐々木さんに入社の決め手や仕事の魅力、これから就活を迎える学生さんへのアドバイスなどをお話しいただきます。

次回へ続く

(後編 1月24日更新予定)

取材・文/小野千賀子 撮影/臼田尚史

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。