<施工管理>JESCOホールディングス株式会社 シゴトバ&やりがい紹介|後編

電気設備工事をトータルに手がける「JESCOホールディングス」のシゴトバ紹介

-基本情報-
【本社所在地】東京都新宿区
【グループ会社事業所】JESCO CNS株式会社本社(東京都中野区)、西東京テクノステーション(東京都西東京市)、中落合テクノステーション(東京都新宿区)、大阪支店(大阪市)、名古屋支店(名古屋市)、福岡事業所(福岡市)
【従業員数】630名(2017年12月現在 連結)
【事業内容】商業施設、交通インフラ、エネルギー施設、通信インフラ、防災など、「電気」「通信」の設備にまつわる設計から建設、保守・メンテナンスまで手がけている。
-JESCOホールディングスのすごいトコロ-
JESCOホールディングスの強みは2つある。
まず1つ目は、強電(電気を動力などのエネルギーとして扱うもの)、弱電(電気を電気信号として扱うもの)を問わず、建物の新築、改修・リニューアルの電気設備工事に関して、調査、設計、工事・管理、メンテナンスまでをトータルソリューションとして提供できるところ。
そして2つ目は、大手のメーカーや不動産、電鉄系などの系列企業ではないため、どこの企業の仕事も引き受けることができる強みを生かして、国内外のさまざまなお客さまにソリューションを提供できるところ。つまり、仕事を通してさまざまな工事を経験することができるのである。

前編では【JESCOグループ JESCO CNS】のシゴトバを紹介しました。
後編では佐野直輝さんに入社の決め手やシゴトバの魅力、これから就活を迎える学生さんへのアドバイスなど、お話しいただきます。

<後編>「JESCOホールディングス」で活躍する社員にインタビュー

photo5
-学生時代の専攻を教えてください

大学を卒業後、日本電子専門学校電気工学科に進み、電気設備に対する仕組み全般を学びました。大学での専門は経営で、電気とはまったく関係ありません。私が電気系の専門学校に進んだのにはきっかけがあります。実家は電気工事の会社を営んでいるのですが、毎年、夏に行われる町のお祭りのイルミネーションの工事を請け負っていました。私もその仕事を毎年、手伝っていたのですが、「きれいだね」と言いながら、写真を撮っている人たちを見かけました。その時初めて、手伝って良かったなと思い、電気で人を楽しませるような仕事に携わりたいと思ったのです。

-就活中の企業選びで大切にしていたことと、入社の決め手を教えてください

企業選びで大切にしていたのは、やりたいことができること、成長できる環境であることの2つです。

まずはやりたいことができる会社ということで、商業施設や物販店など、多くの人で賑わう建物の電気工事の実績がある会社を中心に企業選びをしました。また、成長できる機会があるかどうかは、ホームページなどの情報だけではわかりません。そこで説明会などに足を運びました。

JESCOホールディングスに入社を決めた理由は次の3つです。
1. 商業施設や物販店、飲食店などの工事も多数手がけている
2. 携わっている事業分野が広い
3. 会社説明会で、20代の若手が仕事内容などを説明していた

商業施設や物販店、飲食店などの電気設備工事にこだわったのは、やはり電気の世界に進みたいと思った「お祭りのイルミネーション」の体験があるからです。あの時のように、電気設備工事を通じていろいろな人に喜んでもらえるような仕事に携わりたいと思いました。JESCOならショッピングセンターやレジャー施設などの大型の施設もあれば、飲食店や物販店などの小さな案件もあり、さまざまな工事内容に携われます。しかも商業施設の電気設備だけではなく、防犯防災設備や発電設備、通信設備、空港の灯火設備、太陽光発電システムなど、携わっている事業分野が幅広いところも魅力的に感じました。

そして決定打となったのが、若手が活躍している姿を見たことです。私は大学を卒業してから専門学校に進んだので、新卒時の年齢が24歳でした。私と変わらない年の人たちが説明会に登壇し、仕事内容を話してくれていたのです。その姿を見た時、この会社に入れば、若手のうちから責任ある仕事が任され、成長できると実感しました。

-入社してから感じるJESCOグループの魅力は?

入社前に思っていた以上に、若い社員が活躍できる会社だということです。私は入社して1年目の秋ごろから小さなリニューアル案件に携わりました。若手のうちから任せてもらえるので、知識や経験を増やすことができるんです。

社員同士の仲が良いのも魅力だと思います。上司や先輩たちに気軽に相談できる環境です。また、他部署と交流できる機会もたくさん用意されています。毎年、冬にはクリスマスパーティーが開催されるなど、イベントも多いです。他部署の人たちと話すことで、自分が普段かかわらない工事の話を聞くこともできます。

-JESCOグループで必要とされるスキル・知識はありますか?

電気設備に関する知識や施工管理に関する知識など、仕事をする上で欠かせない知識はありますが、入ってから学んだことがほとんどですね。
それよりも施工管理では、専門知識も大事ですが、電気の知識のない一般の人(お客さま)のニーズをくみ取ったり、わかりやすく電気設備工事を説明したりするコミュニケーション能力が必要となります。例えば、お客さまから「コンセントが3つぐらい欲しい」と言われたとします。コンセントとひと口に言っても、エアコンのような大型の家電を使う場合と、テレビなどに使う場合では異なるため、具体的な話をしないと工事を進めることができません。相手の意図をくみ取ることが大切な仕事だと思います。

-入社を目指す学生さんへアドバイス

とにかくいろいろな会社の説明会に参加することだと思います。そこで気になった話があれば、それをメモし、調べてみると、自分のやりたいことや興味のあることがより明確になる可能性があるからです。またいろんな会社の説明会に出ると、会社のカラーや文化の違いも感じられると思います。その中で自分に合いそうな会社を見つけていくと良いのではないでしょうか。

他部署の人たちと交流できるイベントや部活が盛ん

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
毎年冬にはクリスマスパーティーが開催されます。写真は同イベントで一番盛り上がったジャンケン大会でのひとコマ。このほかにもさまざまな出し物があり、社員全員が楽しみにしているイベントの一つです。

photo7
社員の夢と希望を実現する「ヒューマン・カンパニー」を社是の一つに掲げている同社では、クラブ活動も盛ん。写真はモータースポーツ部。ほかにもゴルフ部、雪山滑走部、天文部、音楽部などさまざまな部活動が活発に行われています。

取材・文/中村仁美 撮影/臼田尚史

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。