エノテカ株式会社 石田さん(入社17年目・商品部 課長)|後編【先輩たちのワーク&ライフ】

今回の取材先 エノテカ株式会社
フランス、イタリア、スペインなどのヨーロッパをはじめ、南米、オセアニア、南アフリカなど、世界各国から約3000種類ものワインを輸入・販売するワイン専門商社。ワイナリーから直接ワインを買い付けて輸入し自社で展開するワインショップでの「小売」、百貨店やコンビニ・スーパーへの「卸売」、インターネットでの「通販」という3つのチャネルを使い、高品質なワインを提供している。
いしだ・あつこ●商品部 課長。DUAD(ボルドー大学醸造学部公認ワインテイスター)。神奈川県出身。39歳。法政大学社会学部社会政策科学科卒業。2002年入社。現在、夫と9歳の息子、1歳の娘と4人暮らし。

フランスから帰国後に復職。2度の産休・育休を取得し、職場復帰した石田さん。現在の仕事観や業務内容について話をうかがいました。

ボルドー大学で醸造学を学んでから帰国し、エノテカに復職

-フランス留学を経て帰国。その後のキャリアについて教えてください。

ワーキングホリデーを終えたあと、実はさらに1年間、ボルドー大学の醸造学部で醸造とテイスティングを学んだんです。エノテカの廣瀬社長(当時。現在は会長)とはフランス留学中もコンタクトを取っていて「いつでも戻っておいで」と言われていたのですが、さらに大学で勉強したいと伝えたら「まだ学び足りないのか!?」とあきれられました(笑)。ボルドー大学は働きながら学ぶ専門学校のような場だったので、授業は週2日だけ。それ以外の日は、ボルドーでのシャトー訪問ツアーの案内のアルバイトをしながら、さまざまなシャトー(格付けされたワイン農家、醸造所)の知識をつけていきました。

社会人6年目に帰国すると、商品部のバイヤー(買い付け担当)メンバーとしてエノテカに復職。その年に、ボルドー大学留学中に出会った夫と結婚、翌年に長男の出産という大きなライフイベントを経て時短勤務で復帰し、今に至るまで、フランスのボルドーをはじめ、ブルゴーニュ、イタリアのピエモンテ担当としてワイナリーを回り、買い付け業務を担当しています。年に数回、1週間ほど出張し、長くお付き合いのある生産者の方を中心に商談を進めます。数年後にできるワインを事前に買い付けることもあり、買うタイミングと売るタイミングが異なることで為替が変動するなど的確な判断はとても難しい。ビンテージ商品や新しいブレンド商品などその年ごとに良品をどこまで買い付けるべきか、社長や事業部の方々に相談しながら進めています。「あなたはどう思う?」と意見を求められることが多い環境なので、常に自分のセンスを磨き続けなくてはいけない。プレッシャーはありますが、年齢や経験に関係なく意見できる職場の雰囲気はとても心地いいですね。

家族で話し合いながら、仕事の優先順位、住む場所を決めてきた

-2度の産休・育休を取得して職場復帰されています。仕事と子育ての両立で苦労したことは何ですか?

長男の時は社会人7年目に約8カ月、長女の時は社会人15年目に約1年の産休・育休を取得しました。第1子出産当時、先輩ママは2人しかいなくて、結婚・妊娠で退職する方がほとんどでした。でも、フランスでは女性が働き続けるのが当たり前。その文化に触れていたので、仕事を続けることに迷いはありませんでした。

苦労したことは、夫と1つ違いの同世代であるため、会社で大きな仕事を任されるタイミングが重なりがちだったこと。「事業立ち上げのプロジェクトに携わりたい」「この時期は踏ん張って成果を残したい」と、夫婦で同時期に仕事のウエートが大きくなることも。2013年から約1年半、夫の転職についていって大阪で暮らしたこともありました。その時は、私の仕事の進め方を会社と相談しながら変えて、同じ商品部での仕事を大阪営業所でやらせてもらうことになりました。その後、息子が小学校に入学するタイミングで、私の両親が住む横浜市内に引っ越すなど、家族3人で「どこでどう仕事をしたいか」「どこの小学校に通いたいか」を話し合って決めてきました。

去年娘が生まれ、保育園の送り迎えも加わっててんやわんや。そんな中、海外出張で1週間家を空けることが数カ月に1度のペースであるので、夫や両親と「娘の保育園の送り迎え」「息子の習い事の送り迎え」「夕ご飯作り」など育児のシフト表を作っています。息子が通う学童保育には信頼のおけるママ友・パパ友が多く、習い事の迎えをお願いするなどと地域全体にも支えられています。

9歳の息子は、妹の面倒を見てくれるなどかなり頼もしい存在。だからこそ、いい意味で子ども扱いせずに、私が海外に行ってどんな仕事をしているのか、どうして1週間もいなくなるのかなど夫と一緒に丁寧に説明するようにしています。

生産者は対等なパートナー。顔が見える取り引きを大切にしたい

-この仕事をやっていてよかったと思う瞬間は?

生産者の方から「自分たちのワインをエノテカに売ってよかった」と言っていただける時。信頼関係を築けた瞬間はとてもうれしいですね。

買い付けの仕事は、人と人とのつながりで成り立っています。だからこそ、謙虚に、でもしっかりと自分の意見を伝えるというバランスを大切にしています。生産者の方を心から尊敬しているけれど、できないことはできないと言う。そんな人間味のあるぶつかり合いができるからこそ、対等なパートナーとして長く関係が築けているのだと思います。

また、スピーディーに密なコミュニケーションを取るように、受け取った確認のメール、進捗状況を伝えるメールなど、ビジネスマナーの基本は徹底しています。

-今後実現したいことは何ですか?

エノテカを世界一にすることです。世界一というのは輸入量や売上額などではなく、「質のいい、厳選されたワインを扱っている商社」として、世界からナンバーワンと認められること。「エノテカはいいワインばかり仕入れている」と言われたいですし、その陰の立役者でいたいと思っています。

私は、自分の仕事を「バイヤー」というより、「生産者のメッセンジャー」であると考えています。売ってあげる、買ってあげる存在では決してなく、生産者のパートナーとして長い時間をかけて造られたワインを扱い、世の中に紹介していくという役割を担っています。ヨーロッパのワイナリーは特に、売る相手の顔が見える取引を大切にしています。「あなたたちがいるから、うちのワインを売りたい」と言っていただける関係性を築けることが、私の仕事の軸であり、それを会長や先輩方が大切にしてきたからこそ、エノテカの今があると思っています。

2017年春、娘が生後6カ月の時に家族でギリシャ旅行に行った。家族との時間は、心がほぐれる大切なひととき。

ある一日のスケジュール

スケジュール_Vol.232_エノテカ9時~17時の時短勤務を取っている。夫は勤務時間が流動的なホテル勤務なため、スケジュールの調整をこまめにやりとりしながら子育てを分担。娘の朝の送りは夫が担当している。

取材・文/田中瑠子 撮影/鈴木慶子

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。