株式会社千葉銀行 北川さん(入社13年目・渉外担当)|後編【先輩たちのワーク&ライフ】

今回の取材先 株式会社千葉銀行
持続的な成長が期待される千葉県を主な地盤とした、地域の総合金融サービスグループ「ちばぎん」。顧客ニーズにスピーディーに対応する質の高い金融サービスの提供により、千葉県の発展に貢献しています。
きたがわ・ゆきこ●千葉県出身。33歳。お茶の水女子大学文教育学部人間社会科学科卒業。2006年入行。現在、夫と7歳の長男、4歳の次男と4人暮らし。

2度の産休・育休を取得し、現在は渉外業務(法人)を担当している北川さん。現在の仕事観や業務内容について話をうかがいました。

助け合う職場の風土に支えられている

-入行6年目、9年目に産休・育休を取得。ライフイベントを経て、仕事観に変化はありましたか。

職場を離れたことであらためて、「仕事が好きだな」と実感しました。そして、長く働いていくために、担当できる業務の幅を広げ、もっと会社に貢献できる存在になりたいと思うようになりました。そうした中で、法人のお客さまに対して、事業性資金やビジネスマッチングの提案を行う渉外業務(法人)に挑戦したいという気持ちが強くなっていきました。

1回目の産休・育休は1年間、2回目は10カ月間お休みを頂きましたが、休業中も通信講座などを利用して、仕事から離れすぎてしまわないよう心がけていました。また、業務上の大きな変更があった際には、リモートでキャッチアップできるような仕組みがあり、ブランクをさほど感じずに復帰することができました。育児休業中も所属店へ定期的に顔を出していたので、復帰する際はスムーズに職場に溶け込むことができました。

また、千葉銀行には「誰でもできる仕事はみんなでやろう」という助け合いの意識が強く根付いています。以前、子どもが熱を出してしまい帰らなければならなくなってしまった際にも、上司や同僚がサポートしてくださり、業務に支障が出ることはありませんでした。また、産休・育休制度のほかに、子どもの看護や両親の介護のための休暇制度などもあるほか、保育園延長料金やベビーシッター代の補助制度があったりと、福利厚生も充実していると感じます。

事業成長に貢献できる、そんな仕事を増やしていきたい

-現在の仕事内容について教えてください。

2回目の産休・育休から復帰した後、約1年間は事業性融資に関する稟議(りんぎ)書類の作成などを担当しました。そうした経験の中で法人向けのご融資や金融サービスについての基礎知識を身につけることができました。現在は渉外担当(法人)として、主に中堅・中小企業や個人事業主のお客さまを担当し、事業性資金やさまざまな金融商品のご提案、ビジネスマッチングの情報提供などを行っています。

すでに千葉銀行とのお取引があるお客さまに対して、事業の拡大に向けたさまざまなご提案をしながら、新たなお客さまを開拓すべく、新規の取引先への訪問も積極的に行っています。数ある銀行の中で、「選ばれる担当者」であり続けるためには何が必要なのか、知恵を絞る毎日です。

-渉外業務(法人)の面白さを感じるのは、どんなときでしょうか。

お客さまからの信頼が得られ、新たなお取引が広がる瞬間です。これまでお取引のなかった法人のお客さまへのご融資がきっかけとなり、社長個人の資産運用や従業員の方の住宅ローンに至るまでご提案が広がったこともありました。お金を借りることや金融商品を購入することはどこの金融機関でも可能です。そうした差別化が図りにくい金融業界の中で、どのような価値あるサービスを提供していけば、お客さまから選んでいただけるのか日々考えています。常にお客さまのニーズを先回りしてご提案につなげることで、「北川さんなら、価値ある情報を提供してくれる」と思っていただくことが大切です。そうした信頼関係を構築できたお客さまから「北川さんに頼んで良かった」と言っていただけることが、毎日のモチベーションになっています。
渉外担当(法人)としての経験はまだ浅いので、しっかりと経験を積んでいき、「お客さまの成長に貢献できた」と自信を持って言えるような担当者に成長したいです。

2017年1月、家族で近所の温水プールへ。息子2人のエネルギーを発散させるため、休日は一緒に思いっきり体を動かす。

ある一日のスケジュール


夫の両親が、自宅から近い距離に住んでいるため、仕事が忙しいときは全面的にサポートをお願いしている。平日の家事は「完璧にできなくても仕方ない」とある程度開き直り、ストレスをためないことが大切だという。

取材・文/田中瑠子 撮影/岡村大輔

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。