就職ジャーナル | 1日10分の社会勉強サイト

HOME > 学生DATA > 学生×シゴト総研 > 就きたい職業、ある?

掲載日:2011年10月6日

大学生・大学院生に聞きました。就きたい職業、ある?

就きたい職業はありますか?

解説
  大学生・大学院生に、就きたい職業があるかどうかを尋ねたところ、全体の8割弱が「はい」と回答した。
  属性別では、大学4年生・大学院1年生・大学院2年生・理系学生の方が、「はい」と答える学生の割合が高い傾向が見られた。

どんな分野の職業ですか?(複数回答)

解説
  次に、「はい」と回答した学生たちに、どんな分野の職業に就きたいのかを尋ねたところ、「教育・研究」「モノづくり・製造」「医療・福祉」が約2割でトップ3に。次いで「公共サービス(公務員)」が2割弱、「IT・ネットワーク」が16.0%、「金融」が13.8%で続いた。「その他」では、「臨床心理士」などの専門職や、「研究職」などが挙げられた。

希望の職業に就くためにどう頑張ってる? 〜リアルボイス編〜

MR(医薬情報担当者)になりたいので、医薬品メーカーに就職することを目標に、日ごろからtwitterで医療関係のアカウントをフォローしたり、薬害問題などの情報を得られるように心がけている。(文学部4年生・女子学生)

エンジニア・プログラマーとして独立することを目指しているので、現在はおもにPHP、Rubyをはじめとするプログラミング言語や通信技術を学ぶとともに、IT関連のニュースを購読している。(経済学部3年生・男子学生)

管理栄養士になりたいので、人の身体の仕組みや食べ物の代謝について学ぶとともに、普段の食生活も気をつけている。(医療保健学科2年生・女子学生)

ゲームデザイナーになりたいので、ゲームを研究したり、企画や脚本を書いたり、実際にゲームクリエイターの方にお会いしたりしている。(メディア学部1年生・男子学生)

外交官を目指しているので、海外でも通用するような英語力と、英語以外の語学力も身につけようと努力しています。また、海外の方と対等に会話ができるように、自分の意見をはっきり述べられるように心がけています。(外国語学部1年生・女子学生)

建築士になるために、大学の設計課題に取り組んでいる。また、有名建築を見学するための研究旅行もしている。(工学部2年生・男子学生)

ブライダルプランナーになりたいので、想像力やホスピタリティーを養うためにサービス職のアルバイトを頑張っています。(経済科学部4年生・女子学生)

税理士などの会計関係の職に就きたいので、まずは簿記の基礎から勉強をコツコツしている。(経営学部1年生・男子学生)

子どもにピアノを教えたいと思っているので、産休を取られている先生の代理でピアノを教えたり、音楽教室の資格を取りに行っています。(音楽学部2年生・女子学生)

図書館司書になりたいため、司書資格取得のための勉強をしている。毎月出版される関連雑誌に目を通している。(文学部1年生・女子学生)

研究員Gのひとりごと

やっぱり大学生・大学院生ともなると、自分が進みたい方向については、かなり明確に意識しているものなのね。そして、その目標に向かって、みんな着実に努力を重ねている様子。今のところ特に明確な目標がない人も、この機会に、自分が就きたい職業や、進みたい方向みたいなものを考えてみてもいいかもね。え? 私にも就きたい仕事があったかって? キャビン・アテンダントやプレス担当…モテそうなシゴトには一通り憧れたわね。もちろん今なら、表には出てこない地道な作業の魅力もわかるわよ。私もオトナになったものよね…。

研究員G
この記事を共有する

文/日笠由紀 イラスト/中根ゆたか デザイン/ラナデザインアソシエイツ

  • バックナンバーはこちら
page top