就職ジャーナル | 1日10分の社会勉強サイト

HOME > 学生DATA > 学生×シゴト総研 > 自己分析、企業・業界研究…どんな方法がお勧め?

掲載日:2011年12月1日

大学4年生・大学院2年生に聞きました。自己分析、企業・業界研究…どんな方法がお勧め?

自己分析は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答)

解説
  大学4年生・大学院2年生に、お勧めの自己分析の方法を尋ねたところ、一番多かったのが「自分の過去を振り返ってみる」で7割強、次いで「家族や友人に自分の長所・短所について尋ねてみる」「自分自身について考えぬいてみる」が約半数で並び、「やりたいことや好きなこと・やりたくないことを挙げてみる」「面接・エントリーシートの練習を通じて分析する 」「とにかく自分に関する事柄をすべて書き出してみる」も4割前後でほぼ並んだ。「その他」では、「日記を読み返す」などの声が寄せられた。

企業研究は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答)

解説
  大学4年生・大学院2年生に、お勧めの企業研究の方法を尋ねたところ、「会社説明会・セミナーに参加する」が約8割、「その企業のサイトやインターネットで情報収集する」が約7割でツートップに。「その企業の社員と話す」「早めに行動する・とにかく行動する」「多くの企業について調べる」も4割前後でほぼ並んだ。「その他」では、「有価証券報告書を読む」などの声が寄せられた。

業界研究は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答)

解説
  大学4年生・大学院2年生に、お勧めの業界研究の方法を尋ねたところ、一番多かった答えが「説明会・セミナーに参加する」で、8割弱に上った。次いで、「インターネットで調べる」が約6割に達し、「本・新聞から情報を仕入れる」も約4割となった。「その他」では、「経済誌を読む」などの声が寄せられた。

OB・OG/社会人訪問は、どんな方法がお勧めですか?(複数回答)

解説
  大学4年生・大学院2年生に、お勧めのOB・OG/社会人訪問の方法を尋ねたところ、一番多かったのが「OB・OGをキャリアセンターなど大学の窓口を通じて調べる・紹介してもらう」で5割強に。次いで「サークル・部・ゼミの先輩に声をかけてOB・OGを探す」が4割弱、「OB・OGを知人をたどって探す」も約3割となった。「その他」では、「説明会のときに声をかけて紹介してもらった」「直接その企業に電話して紹介してもらった」「SNSでOB・OGを見つけて、直接『訪問させてほしい』とメッセージを送ってみた」などの声が寄せられた。

どんな人に「やるな…」と感じた? 〜リアルボイス編〜

私の周りの内定者たちに聞いてみると、就活を始める前の志望と異なる業種、企業に内定している人が多い気がします。最初から業界や企業を絞ってしまうと自分の可能性を縮めてしまうので、幅広く見てみましょう。(大学院国際文化学研究科・サービス業界内定・女子学生)

OB・OG訪問は、志望動機を膨らませるのにも役立つので、積極的にした方がいい。(経済学部・教育サービス業界内定・男子学生)

振り返ってみると、自分に合っていると思った会社の選考が一番スムーズに進んだし、選考の過程が楽しかったように思う。状況が厳しいからこそ、幅広く検討して、自分とマッチする会社を探すしかないのでは?(国際政治経済学部・介護福祉業界内定・女子学生)

志望企業を決めてしまう前に、その業界の研究をしっかりとしておこう。可能であれば、志望業界や志望企業でのアルバイトなどができると理想的。(経営学部・飲食サービス業界内定・男子学生)

OB訪問しているとき、自分が志望する仕事について話してみたら、「それならこの業界がいいんじゃない?」と、自分が知らなかった業界を教えてもらった。OB訪問で相談に乗ってもらうのも有効な手段。(経済学部・金融業界内定・女子学生)

自己分析を早めに終えれば、自分に向いている業界がわかってきて、入社したい企業も自ずと絞り込まれてくる。早めに自己分析を済ませて、行動を起こすべき。(大学院農学部・サービス業界内定・男子学生)

「学生時代頑張ったこと」「自己PR」など、エントリーシートで必ず聞かれる質問に対する答えは、400字程度で早めに完成させておくこと。文字数を増減させて使えるので、後々楽です。(法学部・保険業界内定・女子学生)

就活では落ち込むことも多いので、気分を切り替えるためのリラックス法を決めておくといいよ!(経済学部・メーカー内定・男子学生)

研究員Kのひとりごと

先輩たちが勧めてくれる方法を見ていると、どうやら「就活に抜け道なし」って気がしてきたよ。早めに正攻法で自分や業界・企業としっかり向き合うことが必要みたいだね。特に印象的だったのはOB・OG/社会人訪問が役立ったという声。OBやOGなどの社会人と直接会話してみることは、企業研究、業界研究、自己分析…すべてのヒントになるんじゃないかな。選考が本格的にスタートする前にぜひ機会を作ってみては?

研究員G
この記事を共有する

文/日笠由紀 イラスト/中根ゆたか デザイン/ラナデザインアソシエイツ

  • バックナンバーはこちら
page top