就職ジャーナル | 1日10分の社会勉強サイト

HOME > 学生DATA > 学生×シゴト総研 > 面接担当者は何人だった?

掲載日:2013年4月18日

先輩たちに聞きました。面接担当者は何人だった?

面接担当者の人数は?(複数回答)

解説
  就活を経験した先輩たちに、内定した会社の面接における面接担当者の人数について尋ねたところ、3次面接までは平均3人弱、4次面接以降は平均2人台という結果に。回答の中には、ごくわずかながら10人を超えていたという答えもあった。

学生の人数は?(複数回答)

解説
  面接時の学生の人数を尋ねたところ、1〜2次面接は平均2人強〜4人強と集団面接が多いことをうかがわせるものの、その後、選考が進むにつれて減少する傾向があり、次第に個人面接がメインになってくることがわかる。回答の中には、10人を超えていたという答えも見受けられた。

面接での印象深い失敗談は?         〜リアルボイス編〜

集団面接で、ついついほかの学生の話に聞き入ってしまい、自分の番がきたときには、本来の質問が何であるかをすっかり忘れていた。(大学院経営学部・女子学生)

スーツなのに、くるぶしまでの短いソックスを履いて行ってしまった。(工学部・男子学生)

1次面接だったので、面接担当者は若手人事担当者が1人か2人ぐらいだろうと思っていたのに、会場に入ると、役職の高そうな人事担当者が7人ぐらい並んでいて。その瞬間、思わず、足がすくみました。(文学部・女子学生)

スーツの組み合わせを間違って、上下で違う色になってしまったことがある。(社会情報学部・男子学生)

会場に入るとき、開けたドアが閉まりそうになったので、足で止めてしまった。(農学生命科学部・女子学生)

面接の前に入れていた別の会社の説明会の終了時間を勘違い。肝心の面接に間に合わず、当日キャンセルする羽目になってしまった。(経済学部・男子学生)

あまりに緊張してしまい、父のことを「お父さん」、姉のことを「お姉ちゃん」と言ってしまった。(文芸学部・女子学生)

学校での成績について面接担当者に詰問されたとき、思わず舌打ちしてしまった。(大学院工学研究科・男子学生)

荷物を置くための椅子に座ってしまった。(社会科学部・女子学生)

面接前に鼻をかんだときのティッシュペーパーを顔につけたまま面接に臨んでしまった。面接担当者に指摘されるまで気が付かなかった。(文学部・男子学生)

集団面接の際、座った順番で質問されると思っていたら、真ん中にいる私が一番最初に質問されてパニックに!(経営学部・女子学生)

風の強い日だったため、髪の毛がボサボサなまま面接にいってしまい、面接担当者に「髪がボサボサだねー」と言われてしまった。(情報通信学部・男子学生)

研究員Fのひとりごと

選考の中で苦手だという人が多いのが面接。面接担当者・学生の人数についてのイメージがつかめていれば、会場の雰囲気も予想できるよね。面接の回数としては、3次面接まで受けた先輩が多く、4次面接を受けたという先輩はグンと減る傾向があったよ。先輩たちの失敗はそのままチェックポイントにもなるから、大いに参考にして、身だしなみや会場でのマナーなどはしっかり確認してから臨んでね。みんなの面接の成功を祈ってるよ!

研究員F
企業研究するならジクレポ!
この記事を共有する

文/日笠由紀 イラスト/中根ゆたか デザイン/ラナデザインアソシエイツ

  • バックナンバーはこちら
page top