【就活のプロに聞く】就活がめんどくさい私は、どうやって進めたらいいの?

就活に取り組む大学生

就活本や就活サイトを見ると、「自己分析」「業界研究」…とやることがたくさんあるように見えますよね。また、「まずは自己分析をやって、次に業界研究をやって…」と決まった手順でやらなくてはいけないように感じる…。すると、「もうめんどくさい!」と感じる学生さんもいるのでは?そこで、そんな学生さんに向けて、オススメの就活の進め方を『リクナビ就職エージェント』で就活支援のプロとして学生の相談に乗っているキャリアアドバイザーが紹介します。

プロフィール画像プロフィール

眞山祐衣(まやま・ゆい)
リクナビ就職エージェント キャリアアドバイザー。就職希望の学生の就職相談や企業の紹介など就活支援を担当。全国の文系大学生を担当するチームのリーダー。

就活を「大変!」と感じてしまうのは、あなただけじゃない

一般的に就活では、「自己分析」「業界研究」「企業研究」「テスト関連」「エントリーシート(ES)」「面接」などについて、「それぞれ事前に準備しておきましょう」と言われることが多いと思います。また選考が進むにつれて、ESを複数社書いたり、複数社の面接を受けたりと、さらにやることが増えていく。すると、「やることが多くてめんどくさい…。やる気が出ない…」と感じることもありますよね。

また、順番も一般的には上記同様のことが多く、「この順番通りに、一つずつ進めていくものだ」と思ってしまいます。しかも、自分を知るための自己分析や企業を知るための企業研究などは、終わりが見えなくて時間がかかるもの。少しやってみたものの、投げ出してしまう人もいることでしょう。

完璧を目指すのではなく、最低限のことを押さえる

もちろん、手順通りに就活の準備を進めるに越したことはないのですが、どうしても「やることが多くて嫌だな」「どこまでやったらいいのかわからないし、めんどくさくなっちゃったな」と感じてしまうなら、それにこだわる必要はないと思います。

就活のプロセスの中で「やらなくてもいい」ものは、正直に言うとありません。
しかし、量が多くて嫌だなと感じる人は、一ずつのやることを減らしてみると、ぐっと始めやすくなります。取っ掛かりとして最低限やった方がいいことを押さえておくと、もしかしたらより深めたくなるかもしれません。まずは、少しでもいいですからやってみることが大切だと思います。

手順通りの就活は必要ない。同時に少しずつ進めてみよう

また、終わりが見えなくてつらいと感じるなら、全部のことを最低限少しずつ同時に進める、という方法を試してみるとスムーズかもしれません。それぞれを進める中で足りないと思った情報を調べ、新たに得た観点を反映していくと、就活準備はどんどん進めていけるようになりますよ。

就活に決まりはないので、自分の好きな通りに進めても構いません。
「大変だから就活しない!」はあまりにももったいないですから、ぜひ思い思いの就活を進めてみてはいかがでしょうか。

「自己分析」「業界研究」「企業研究」「テスト関連」「エントリーシート(ES)」「面接」の各プロセスについて、最低限やってほしいことをまとめた記事はこちら↓
最低限やることが分かる! めんどくさがり学生に贈る就活のススメ

 

『リクナビ就職エージェント』とは、就職活動を無料で支援するサービス。会員登録後、専属のアドバイザーが個別に面談を行い、あなたの希望や適性に合う企業を選んで、求人情報を紹介します。エージェントだからこそできる求人情報の紹介、面接アドバイスや履歴書添削なども行っています。
取材・文/就職ジャーナル編集部 プロフィール撮影/刑部友康

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。