【ファシリティマネジメント業界編】プロが選ぶ隠れ優良業界

世の中には、広くは知られていない「隠れ優良業界」があります。シンクタンク・日本総合研究所の研究員に、プロの目線で優良業界を教えてもらうこの企画。今回は「ファシリティマネジメント業界」について紹介します。

「ファシリティマネジメント業界ってどんな業界?ファシリティマネジメント業界を“隠れ優良業界”に選んだ理由とは?」など、日ごろたくさんの業界・企業とかかわっているプロだからこそわかる情報が盛りだくさん。ぜひ、参考にしてみましょう。

日本総合研究所・吉田賢哉氏株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 シニアマネジャー 吉田賢哉氏
東京工業大学大学院社会理工学研究科修士課程修了。専門は、新規事業戦略やマーケティング戦略、企業のビジョンづくり・組織戦略など。製造・情報通信分野などの業界動向調査や商品需要予測も手がける。
前回の記事では、吉田さんが考える優良業界の3つの条件を紹介しました。

「優良業界ってどんな業界?見つけ方・探し方のコツは?【シンクタンク研究員が解説】」前回の記事はこちら

1. 業界の規模が大きい、あるいは拡大中である
2. 他社との競争が激しくない
3. 取引先に対して有利な立場を築きやすい

今回は、これらの条件に当てはまる「ファシリティマネジメント業界」について吉田さんに解説していただきます。

ファシリティマネジメント業界ってどんな業界?市場規模はどのくらい?

土地、建物やビル設備などを管理・維持するのが主な仕事

優良業界(ファシリティマネジメント業界)イメージ画像

「ファシリティ(facility)」とは、設備、施設といった意味を持つ英単語です。そして「ファシリティマネジメント」とは、土地や建物、そしてビルなどに使われている設備などの管理・運用・維持を効率よく行う手法や、それに関わる事業・サービスを指します。

オフィスビルには、空調やボイラーなどの設備がつきものです。これらのメンテナンスにはある程度の専門ノウハウ・知識が必要で、ビルのオーナーや、ビルに入居している一般企業などが自力で行うのは大変です。また、各社が独自に管理を行うと業務効率も高まりません。そこで以前から 、専門の事業者に設備管理を委託することで効率よく管理を行う流れができていました。こうした専門企業は一般に、ビルメンテナンス会社・ビル管理会社と呼ばれます。

最近では、ビルの管理・維持に関する要望がさらに多彩・高度になってきました。例えば、「ビル内の人の流れを感知して照明や空調を自動的にオン・オフし、電気代を安くしたい」「ビルの入退室管理システムを強化して、防犯に役立てたり、企業の情報が漏れたりする ことを防ぎたい」「使われていない工場跡地やビルの屋上スペースに太陽光発電システムを設置して、新たな収益源としたい」「オフィスの機能性を高めて、従業員が快適に働けるよう環境を整えたい」などのニーズが増えているのです。そこで、ビル管理だけにとどまらず、多彩な設備・土地・建物の有効活用まで幅広く提案できる企業が求められるようになってきました。これに応える企業が「ファシリティマネジメント会社」です。

市場規模は意外と大きく、しかも着実に拡大中

ファシリティマネジメント業界の市場はかなり大規模です。ある試算*によると 、国内のファシリティマネジメント市場を約6.7兆円、中国とASEANを合計したファシリティマネジメント市場は約24兆円 。これは、広告業界(電通「日本の広告費」によれば、2017年の市場規模は6.4兆円 )や百貨店業界(日本百貨店協会「全国百貨店売上高速報」によれば、2018年の市場規模は5.9兆円 )などと同等の規模です。業界には、売上額が数千億円規模に達している企業もいくつかあります。
*出典:イオンディライト 株式会社(→イオンディライト株式会社ホームページ)

また、公益社団法人全国ビルメンテナンス協会によれば、2016年の国内ビルメンテナンス市場は3.9兆円。2011年(3.5兆円)に比べて12.5パーセント伸びました 。ファシリティマネジメントの中で主要な地位を占めるビルメンテナンス市場が着実に拡大しているため、ファシリティマネジメント業界全般も拡大基調だと言えるでしょう。

会社の成り立ちによっていくつかのパターンがある

ファシリティマネジメント会社は、その成り立ちによっていくつかのパターンに分けられます。

  1. グループ会社のファシリティマネジメントを担当していた企業が、グループ以外の業務も担当するようになったケース
  2. センサーや計器などビルの管理に活用できる機器類を持っていた企業が、オフィスを効率的に管理する能力を生かしてファシリティマネジメントに乗り出すケース
  3. オフィス機器メーカーや文具メーカーなどが、働きやすいオフィス環境を提供する力を生かしてファシリティマネジメントに乗り出すケース

それぞれのパターンごとに、強みとする分野や仕事の進め方に違いがあります。企業を探す際には、そのあたりの違いを頭に入れながら情報を集めるといいでしょう。

ファシリティマネジメント業界を「隠れ優良業界」として選んだ理由

ファシリティマネジメント業界が有望だと考えるポイントは、次の通りです。

1.専門業者に管理を外注する動きが加速している

先端の照明システムや太陽光発電システム、入退室管理システムなどの管理・維持には、高度なノウハウ が求められます。そこで今後は、設備の管理・維持業務を自社の総務部などで担当するのではなく、外部の専門業者、つまりファシリティマネジメント会社に任せようとする企業がさらに増えるでしょう。

2.オフィスの生産性向上に注目が集まっている

今、世の中では「働き方改革」への注目度が高まっています。そのため、職場環境の改善によって生産性を高めて残業時間を減らしたり、創造性が高まる仕掛けをしてイノベーションを起こしやすくしたりするなど、オフィスの変革が大きなテーマになっているのです。ファシリティマネジメント業界にはこうした取り組みへの参加も期待されており、さまざまなビジネスチャンスが広がっています。

3.AIやIoTなど先端技術が積極導入されつつある

AI(人工知能)やIoT (Internet of Things*)を組み合わせ、省エネを図りながら快適なオフィス環境を整えたり、入退室管理に「顔認証システム」(カメラで撮影された人の顔を自動識別する仕組み)を使ったりする取り組みが活発に行われています。こうした取り組みには専門性が求められるため、一般企業は知見のある会社に業務を委託せざるを得ない状況となっており 、ファシリティマネジメント企業への相談は増える傾向にあります。
*IoT(Internet of Things)…「モノのインターネット」と訳され、さまざまなモノをインターネットに接続してデータをやりとりすることで、高度な制御やデータの蓄積・分析を通じた改善の実施などを行うこと。

ファシリティマネジメント業界には、どんな仕事がある?

ファシリティマネジメント業界には、下記のような仕事があります。

営業

建物や土地を持っている企業などに対し、管理・維持コストを下げたり、土地や建物を有効活用できたりする提案をします。プロジェクトが大きくなるほど、顧客企業の総務部や人事部、経営企画部、情報システム部など多くの部署を巻き込んで仕事を進めることが必要になります。また、設備はもちろん、不動産、人事、財務、経営企画など幅広い知識が求められる仕事です。

設計・施工

空調や入退室管理などの各種システムを設計する仕事に加え、導入する際の工事を担当する仕事もあります。設計の場合は、働きやすい環境の実現や省エネといった目的と、工事費・管理費などのコストとのバランスを取ることが大切。施工の場合は、作業に関わる人々の安全を守りながら、期日までに工事をきちんと終わらせることが求められます。

保守・管理

導入された各種システムがきちんと動いているか管理し、トラブルが起きたときには素早く対処します。また、保守している仕組みに問題点が見つかった場合は、営業などを通じて改善策を提案することもあります。

開発

AIやIoTなどの先端技術を役立てたサービスを開発することは、各ファシリティマネジメント会社にとって重要な課題となっています。そこで、自社の技術を高めたり、他社と連携して新サービスを生み出したりする技術職の役割は大切です。

ファシリティマネジメント業界の最近のTopics

ファシリティマネジメント業界では、このような動きが表れています。

「RE100」の取り組みが盛んに

RE100(アールイー100)とは「再生可能エネルギー(Renewable Energy)100%」という意味です。文字通り、事業に必要なエネルギーの全てを再生エネルギーによって調達しようとする取り組みを指します。近年、日本企業の中にもRE100の検討を進める企業が増えてきました。

RE100を実現するためには、建物内で使われるエネルギー消費量の削減、太陽光発電システムなどの導入などが不可欠です。そこで、これらの分野で専門性を持つファシリティマネジメント会社への期待が高まっています。

顔認証システムの広がり

不審者が入り込んで重要な情報を盗んだり、異物混入などの犯罪を行ったりした場合、企業は大きなダメージを受けてしまいます。そこで入退室管理システムの強化は、企業に とって重要な課題になっています。

指紋や静脈などで識別するシステムには特別な装置が必要となるのに対し、顔認証システムでは一般のカメラでも対応が可能です。また、ICカードなどを使った入退室管理システムに比べると、顔認証にはカードの紛失などのリスクがありません。こうしたメリットがあるため、識別率などの問題をクリアすれば顔認証はさらに普及するのではないかとみられています。

ファシリティマネジメント業界の探し方

最後に、ファシリティマネジメント業界をどうやって探したらいいのかご紹介します。

就職情報サイトを使う場合

リクナビなどの就職情報サイトを使って企業を探す場合は、フリーワード欄に「ファシリティマネジメント」や「ビルマネジメント」などと入れてみると良いでしょう。

業界から探す場合は、その企業の成り立ちによって「電力・電気」「情報処理」などの業界に属しているケースがありますが、比較的多く見つかるのは「不動産」業界に属しているケースでしょう。

インターネットで検索する場合

就職情報サイト同様に「ファシリティマネジメント 会社」「ビルマネジメント 会社」などと検索して各企業のホームページを見るのはもちろんですが、業界団体のホームページを見てみると、会社の一覧を見ることができるでしょう。「ファシリティマネジメント 業界団体」「ビルメンテナンス 業界団体」 などと検索してみると良いと思います。

 

取材・文/白谷輝英
撮影/平山 諭

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。