教育実習後に進路変更。今からでも一般企業の就活、間に合いますか?【 就活なんでも相談室】Vol.4

「働く」の第一歩となる就活は、誰にとっても初めての経験。思うように進まなくて途方に暮れ、立ち止まってしまうケースも少なくありません。そんなとき、親身になって相談に乗ってくれる人がいたら…と思うことはありませんか。

そんな悩める就活生の相談を、仏のような慈愛の心で受け止め、女神のように温かく励ましながら、これからのことを一緒に考えてくれるキャリアアドバイザーがいます。この連載では、彼らの元を訪れる就活生とアドバイザーとのやりとりを公開します。同じ迷いや悩みを抱える就活生に、きっとヒントが見つかります。

<今回のご相談>

教育実習で就活に出遅れました。これから始めても大丈夫でしょうか?

より早いスタートが就活の鉄則。わかっていてもどうにもならない場合があります。教育学部4年生のC子さんの場合は、教育実習のため、就活を一時中断して1カ月余り実習に没頭し、気がつけば、選考開始の6月は終わっていました。教育実習を終えてみて、教師にならないと決断したC子さんですが、実習に行くまでは教師しか考えていなかったため、現時点では内定もなければ応募中の企業もありません。

「教師にはならないけれど、やはり、教育関連の企業に就職したいんです。今から就活始めます!ここからどうすれば間に合うか、イチから教えてください」。

<答える人>

プロフィール
島津 綸子
リクナビ就職エージェント*のキャリアアドバイザー。主に文系学生を担当。「個性」を活かして働けるように、一人ひとりの学生と徹底的に向き合うことにこだわりを持つ。趣味は料理。好きな球団は広島カープ。

教育実習を経験して進路変更。教師はやめて、一般企業への就活に切り替えたい

キャリアアドバイザー島津(以下CA島津) 現在、面接中やエントリー中の企業はひとつもないのですね。

C子さん はい。就活スタートの3月には数社の会社説明会に行きましたし、親からも銀行と食品メーカーを勧められて活動し始めました。ですが、第1希望は教師でしたし、実習(教育実習)の準備もあって、なかなか思うようには進めることができませんでした。1社だけ書類が通過してグループディスカッションまで進んだのですが、6月になって実習が始まり、そのままになってしまって、気がついたら、その企業の募集も終わっていました。

CA島津 それは残念でしたね。でも、もともと志望されていたのですから、実習は楽しかったのではありませんか?実習は小学校ですか?

C子さん はい、小学校です。

CA島津 小学校の先生になろうという気持ちは、今はもうないのですか。

C子さん はい、実習は自分で選択したことですが、実際に経験してみて、私は学校という枠の中で授業を通じて子どもとかかわるということにしっくりきませんでした。なんともいえない違和感がありました。

CA島津 かかわり方に違和感があったのですね。では、それと比較して、塾や予備校の講師としてのかかわり方はいかがでしょうか。

C子さん 塾は、やはり受験合格を目指しての詰め込み教育になりがちだと思うんです。それは自分の考えている教育や子どもたちとのかかわり方とは違うものです。だから、塾や予備校は考えていません。

CA島津 実習を通してご自分の考えやお気持ちを整理されたんですね。教育の現場に立つこととは違う形で子どもたちとかかわる仕事がしたいという、C子さんのその強い思いに応えてくれる企業や業界を探していきましょうね。

C子さん ありがとうございます。お願いします。かなり出遅れていますのでとても不安ですが、今から仕切り直して就活を始めたいので、自己PRやESなどを、できるだけ自分で記入して、持ってきました。

CA島津 わかりました。拝見しますね。
…あ、自己PR文に「納豆のように粘り強い性格です」とありますね!この表現、“就活本”からそのまま引用していませんか(笑)。

C子さん わかりますか?(笑)

CA島津 ええ、見たことありますから(笑)。私でさえ、すぐに気づくのですから、企業の採用担当者ならすぐわかりますね(笑)。自己PRは「自分らしさ」を表現するものです。自分の性格、考えに関することは、ご自身の言葉で書くようにしましょう。熱意や誠意とともに、ちゃんと伝わらなければならない大事なことですから。

C子さん はい、そうですよね。不安なので、つい…(笑)。焦っていたかもしれません。

CA島津 提出前にわかってよかったです(笑)。これから内容を磨いていくことで、きっと納得のいく自分の文章になっていくはずです。

「教育実習を経験して進路変更。教師はやめて、一般企業への就活に切り替えたい」教室のイメージ画像

スタートが遅い就活こそ、慎重に業界・企業を選ぶことが大切。途中の変更は機会損失に直結

CA島津 さあ、では、この自己分析を踏まえてどこを受けるか、一緒に進めていきましょう。

C子さん はい。よろしくお願いいたします。
この時期でも、まだエントリーできる企業があって安心しました。

CA島津 大丈夫ですよ。教育関連だけでなく、C子さんのように、人の人生に向き合っていきたいと思っていらっしゃる方なら、人材関連の企業も視野に入れてもいいのではないでしょうか。こちらで5社ほどピックアップしてみましたので見てください。関心をひく企業はあるでしょうか。

C子さん はい。あっ、あります!この教育分野のリサーチ会社、いいですね。こちらの人材関連の企業も面白そうですね。「人の可能性を引き出す研修事業」に惹かれます。私は人の可能性を開拓することにやりがいを感じて教師を目指していたので、一般企業でも、この部分に携われる仕事がしたいです。やっぱり人材業界かな…。

CA島津 ぜひ、業界や企業選びの軸をしっかり持ってください。私たちは毎年、教育実習後に「教師ではなく一般企業に就職したい」という学生さんから相談いただきます。実習後にほぼゼロから就活をスタートする場合に非常に大切なのは業界選びです。早くからスタートしていれば、途中で「やっぱりここは違う」となれば軌道修正ができるのですが、出遅れてスタートする場合は、軌道修正しているうちに、どんどん企業の採用が終了していきます。途中の軌道修正はそのまま、機会損失に直結してしまうのです。一般企業や業界をイメージだけでとらえると、「なんだか違う」となりやすいので、最初に、業界や仕事選びの軸をしっかり固めておくことが大切です。

C子さん これまで教師しか考えてこなかったので、確かに視野が狭いかもしれません。私、やっぱり、人の可能性を広げることに何か携わりたいと思います。

CA島津 では、その軸で業界・企業を見ていきましょうね。次にエントリーのための書類を整えていきましょう。

自己分析が進んで自信がつくほど、面接で失敗するケースがある

CA島津 就活には内定獲得という大きな目標がありますが、そのプロセスにはいくつもの大事なポイントがあります。志望動機に始まり、自分の個性、能力をどうすればわかってもらえるか。エントリー用紙や面接での自分の伝え方、その言語化こそが最大のポイントです。これまでのことを振り返りながら、自分を言葉で表していく作業です。

C子さん それは、どんなふうにやっていけばいいでしょうか。

CA島津 例えば、これまでの自分の活動の中で周りに頼られたこと、褒められ任されたことがあったと思いますが、それはどういうことでしたか。バイト先での経験や、実習などの中にありませんか。それから、得意なこと、苦手なこと。いろいろな場面での自分の態度や気持ちを整理していくと、これからどんな環境でどんなふうに仕事をしたいか。だんだん言葉になってきませんか。考えるということが、すでに言葉を使うことではありますが。

C子さん はい。これまでも自分なりに考えてきたつもりですが、漠然としていた気がします。こうして就活という目標を持って、しかもキャリアアドバイザーというプロの方とお話しすると、言葉がはっきりしますね。伝えたいこともいっぱい出てきましたし、自信も出てきました(笑)。

CA島津 そこが次の注意点です(笑)。自分のことを整理していくと、まして自信がつくと、つい饒舌になり、文章や面接での応答が長くなりがちなんですね。質問に答える場面でも、例えば聞かれてもいないことまで話したり、説明が具体的すぎて冗長になったりしてしまうのです。相手が知りたいことを丁寧かつ簡潔に説明するということも“伝える”にはとても大事なことです。
特にC子さんは、教師を目指していらしたこともあり、コミュニケーション力は高いですし、対面での会話にも、まったく苦手意識がないことと思います。そういう人こそ、おしゃべりになりすぎるきらいがあります(笑)。

C子さん そうですね。気をつけます。

正論や優等生発言は、時に自分らしさを伝えるのを邪魔することも

CA島津 もうひとつ、教育学部出身の方にありがちな傾向について、お伝えしますね。

C子さん はい、なんでしょう。

CA島津 個人差がありますので、あくまで一般論として聞いてくださいね。
さきほどのコミュニケーションに慣れている点とも関係しているのかもしれませんが、質問されたとき、自分らしさよりも正しさを優先して、つい正論というか、優等生的発言をする方がいらっしゃいます。生徒の前で間違ったことは言えませんから(笑)。しかし、面接の場面では、それがかえって邪魔になることもあるのです。一次面接や二次面接は通過しても、最終面接で自分らしさや熱意が伝えられず、企業から「決め手に欠ける」と判断され、残念な結果になることがあります

C子さん なるほど!それ、すごーくよくわかります!思い当たるところがいっぱいあります!気をつけます。相談できたおかげで、希望の職種にエントリーしたり、真っすぐ就活に向き合うことができそうです。本当にありがとうございました。

CA島津 今日はお役に立てて、私もとてもうれしいです。頑張ってください!

その後…

C子さんはその後、学習塾を運営する企業から内定を得て就活を終了。この塾は人間的な成長に重点を置いて幼稚園児から高校生までを対象にしており、面接では非常に話が盛り上がった、とC子さんから連絡がありました。

 

リクナビ就職エージェント』は就職活動を無料で支援するサービス。会員登録後、専属のアドバイザーが個別に面談を行い、あなたの希望や適性に合う企業を選んで、求人情報を紹介します。エージェントだからこそできる求人情報の紹介、面接アドバイスや履歴書添削なども行っています。

 

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。