リケジョです。30社に全落ちしました。【就活なんでも相談室】Vol.3

「働く」の第一歩となる就活は、誰にとっても初めての経験。思うように進まなくて途方に暮れ、立ち止まってしまうケースも少なくありません。そんなとき、親身になって相談に乗ってくれる人がいたら…と思うことはありませんか。

そんな悩める就活生の相談を、仏のような慈愛の心で受け止め、女神のように温かく励ましながら、これからのことを一緒に考えてくれるキャリアアドバイザーがいます。この連載では、彼らの元を訪れる就活生とアドバイザーとのやりとりを公開します。同じ迷いや悩みを抱える就活生に、きっとヒントが見つかります。

<今回のご相談>

理系院卒の女子です。研究テーマにこだわって就活したものの、応募企業30社に全滅しました。どうしたらいいですか。

理系学生は就活では有利と言われますが、なかにはうまくいかずに、大変な思いをしている人もいます。F子さんは都内理系私立大学の修士課程に在籍、生物系の研究をしてきました。研究してきたことを活かして研究開発職に就きたいと考え、食品、製薬、化粧品などのメーカーの研究開発職に絞って約30社にエントリーしました。ところが結果は全滅。1社も内定のないまま夏休みに突入してしまいました。「最近は売り手市場だっていうし、理系だから専攻を活かせば大丈夫と思っていたのに・・・。次にどうしたらいいのか。自分が何に向いているのかわからなくなりました」

<答える人>

プロフィールリクナビエージェントキャリアアドバイザー柚木新太郎
柚木 新太郎
リクナビ就職エージェント*のキャリアアドバイザー。前職の塾講師の経験を活かし、就職活動に悩んでいる学生に対して、正面から向き合っている。就職活動だけではなく、人生相談されることも。社内での愛称は、「仏の柚木」。

研究で忙しく、インターンシップには不参加。研究が生かせそうな企業には全落ち。留年も視野に…

キャリアアドバイザー柚木(以下CA柚木) 現段階ではまだ内定が出ていないのですね。でも、まだまだ企業の採用は続いています。ここから一緒にがんばりましょう。

F子さん はい、よろしくお願いします。研究開発職の募集がある企業で、自分の研究が生かせそうなところがないかと考え、就活してきましたが全落ちしてしまいました。考えていた企業がすべてなくなったので、これからどうしようか、とても不安です。博士課程への進学や就職留年も頭をよぎります。どう進めていったらいいのか、何ができるのか、全くわからなくなってしまいました。

CA柚木 焦りたくなる気持ちはわかりますが、お話を伺っていけば、きっとF子さんに適した次のステップが見つかると思います。まずは今までを振り返ってみることから始めましょう。今は大学院の修士課程ですね。大学時代、学部卒業時には就職活動はされましたか?

F子さん いいえ、まったくしませんでした。生物が専攻なのですが、生物の学生は進学が当たり前、みたいなところがあって、周りの人もほとんど大学院に進学します。私自身、勉強好きなので(笑)、悩むこともなく決めました。

CA柚木 そうなんですね。そして、修士1年目の2月に、エントリーシートの添削を希望して、一度、私たちのところ(リクナビエージェント)に相談にいらっしゃいましたね。

F子さん はい。お世話になりました。

CA柚木 修士1年目には、どちらかの企業で、インターンに参加されましたか。

F子さん いいえ、研究が忙しくて行けませんでした。

CA柚木 わかりました。たしかに理系の人は、拘束期間の長いインターンだと、なかなか日程の調整が難しいことは、他の理系の学生さんからもよく聞きます。ところでF子さんはどのような研究をされているのですか?

F子さん 植物の細胞の成分を分析して光の受容度の研究しています。食品、製薬、化粧品などのメーカーなら、研究してきたことが生かせると思いました。この研究は身近で人の生活に欠かせない分野ですから。

研究室のイメージ写真

理系の就職には毎年、同じ傾向がある。それをふまえて第2志望群を用意しておく

CA柚木 理系の方の就職には、毎年同じ傾向があります。F子さんが挙げた業界の企業の研究開発職には、生物、農学系の修士課程の学生さんが集中します。化学や薬学などの専攻の方も大勢いるので、選考はかなり狭き門になってしまいます。第二志望群も作って検討をすすめておかないと、実際の就活は、苦戦することになりかねません。大手の場合はさらに厳しくなりますね。大手ばかりを受けたということはありませんか?(笑)

F子さん そうですね。受けたところは、名の通ったメーカーばかりだったかもしれません。

CA柚木 そのうち書類選考を通ったのは何社くらいですか?

F子さん 10社でした。その後、筆記試験などで落とされ(苦笑)、面接に呼ばれたのは5社でした。

CA柚木 その間、ご自分ではどんなことに力をいれていらっしゃいましたか。

F子さん まずエントリーシートを書くことに頑張りました。こちらで添削を受けたこともそうですし、キャリアセンターで書き方を学びました。合同企業説明会にも参加しました。

CA柚木 業界を絞ったこともあり、面接経験が足りなかったのかもしれませんね。これは理系の方によくお話しすることですが、エントリーシートが完璧であっても実際に伝える練習を踏んでいないと相手が理解できないままに終わってしまうことがあります

F子さん そうですね、面接では緊張してしまいました。グループ面接もありましたが、グループディスカッションとか、やはり場数を踏んできている学生さんに圧倒されてしまいました

モチベーションが上がる瞬間を深堀りすると、自分の意外な一面が見えてくることも

CA柚木 お話を伺ってみると、今までの研究で身につけたスキルに自信があった反面、自己理解を深めることや、面接で自分らしさや、自分の想いを伝えることなどは、まだ十分にはできなかったようですね。

F子さん そこは、よくわかりません。私はずっと研究に没頭してきましたから、自分に「できる」のはこの分野だけだと思ってきたのですけど……。

CA柚木 研究のテーマはもちろん、ご自身の強みですし、自信をもって自分が「できる」と思うことに直結しているかと思いますが、それ以外にも、できることや得意なこと、ご自身らしい強みはたくさんあります。自分で考える「自分らしさ」や「自分の強み」も、企業からは違ってみえることもあります。自己分析と異なることもよくあるんですよ。ところで、F子さん、「できる」の中の、「やりたい」は何でしょうか。

F子さん ……。

CA柚木 たとえば、これまでの経験で、自分のモチベーションが上がったと思う瞬間はどんなときですか。研究以外でも構いません。

F子さん サークルの友だちと、駅で陣取りやかくれんぼをするのが好きです。子どもっぽいですか?(笑)

CA柚木 そんなこと、やるんですか。研究が好き、というイメージと全然違いますね(笑)。

F子さん あと、ラボとかで自由に考えを言い合う意見交換が好きです。チームで課題を解決していったりするのもすごく達成感があって好きですね。

CA柚木 そうですか、人との接点が好きなのですね。

F子さん 人との接点が好き、確かにそうですね。みんなでワイワイと一緒に話をしたり、何か発見するとすごくうれしいです。

CA柚木 その個性は、研究開発にももちろん生かせますが、みんなで課題に向かって活発に議論し合い、知恵を出し合って解決に向かうような、チームで動く仕事などにも、楽しく取り組めそうですね。F子さんには課題解決の能力がありそうですから、そこから考えると、企業や職種の選択肢が少し広がってきませんか?

F子さん 本当ですか!?うれしいです。

自分では思ってもみなかった業界や職種にも、活躍できる業界・仕事があることに気づいてほしい

 

CA柚木 本当ですよ (笑)。お話していて、まず、私がF子さんの適性を感じたのがIT業界です。F子さんのように研究室で仮説を立てて課題を解決していく、いわゆるPDCA サイクル(Plan・Do・Check・Action)の経験を積んでいる学生さんは、同じように仮説を立ててプロジェクトに取り組むIT業界から評価されることが多いんです。F子さんならシステムエンジニアでしょうか。それから同じ理由で、コンサルタント的な役割を担う仕事にも、楽しく取り組めて、活躍できそうなイメージを持ちました。さらに私の想像を最大限膨らませますと、人との接点が好きなことを活かして、提案営業の仕事でも活躍できるのではないでしょうか。扱う商材にF子さんが興味のあるもの、というのが大前提ですが。全く興味のない商材を扱うのでは、モチベーションが上がりにくいですからね。

F子さん そういう考え方もあるんですね。やれること、ありそうですね。研究のテーマ領域だけで就活を進めることに何の疑問もなかったので、これまで自分に合う仕事などと考えたことがありませんでした。エントリーした企業に全部落ちて、こうして相談したからこそ、初めてわかったことです。大切なことに気がつけました。

CA柚木 よかったですね!今からでも遅くありません。きっと面接でも、「やりたい」という意思がきちんと伝えられると思います。

F子さん 専門でもないし勉強もしてきていませんから不安もありますが、チャレンジしてみたいと思います。

CA柚木 では、具体的な求人を見てみましょうか。

(CA柚木、F子さんにいくつかの求人を説明、質問に答える)

F子さん ありがとうございます。この3つの職種の軸で、考えてみようと思います。今日は本当に、ありがとうございました。

その後…

F子さんはCA柚木が紹介したIT業界の1社に内定した。チームで協業するスタイルが特徴的な社風の企業だ。最近、システムエンジニアとして元気に活躍していると報告があった。

リクナビ就職エージェント』は就職活動を無料で支援するサービス。会員登録後、専属のアドバイザーが個別に面談を行い、あなたの希望や適性に合う企業を選んで、求人情報を紹介します。エージェントだからこそできる求人情報の紹介、面接アドバイスや履歴書添削なども行っています。

撮影/刑部友康

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。