面接が苦手です。1次面接で全落ち、1社も通りません【就活なんでも相談室】Vol.5

「働く」の第一歩となる就活は、誰にとっても初めての経験。思うように進まなくて途方に暮れ、立ち止まってしまうケースも少なくありません。そんなとき、親身になって相談に乗ってくれる人がいたら…と思うことはありませんか。

そんな悩める就活生の相談を、仏のような慈愛の心で受け止め、女神のように温かく励ましながら、これからのことを一緒に考えてくれるキャリアアドバイザーがいます。この連載では、彼らの元を訪れる就活生とアドバイザーとのやりとりを公開します。同じ迷いや悩みを抱える就活生に、きっとヒントが見つかります。

<今回のご相談>

面接が苦手です。応募した約50社は、書類は通っても面接が通りません。どうやったら次に進めますか。

都内私立大学農学部から大学院修士課程へと進み、現在、就活中のE男さん。専攻である「稲の研究」を生かせる仕事を、と農薬メーカーを筆頭にエントリー開始。ところが書類は通っても1次面接を通過した会社はゼロ。それでも意欲を失うことなく、「次こそ頑張ろう」とエントリーを重ね、応募総数は50社を超えました。「書類は通過するのですが、面接が通過した企業はひとつもありません。どうすれば二次面接にすすめるでしょうか。また、自分ではかなり調べつくしたので、ほかに、募集のある農学、生物系の企業があればぜひ教えてください」と、リクナビエージェントの門をたたいたE男さん。苦手な面接を克服して、研究が生かせそうな企業に内定するには、どうすればいいのでしょう。

<答える人>

プロフィールリクナビエージェントキャリアアドバイザー柚木新太郎
柚木 新太郎
リクナビ就職エージェント*のキャリアアドバイザー。前職の塾講師の経験を活かし、就職活動に悩んでいる学生に対して、正面から向き合っている。就職活動だけではなく、人生相談されることも。社内での愛称は「仏の柚木」。

受けても受けても、面接が通らない

キャリアアドバイザー柚木(以下CA柚木) こんにちは。E男さんとは、3月からの付き合いですね。

E男さん はい。

CA柚木 『リクナビエージェント』では非公開の求人についてもご案内していますので、そのお問い合わせをいただいたのが最初でしたね。E男さんは、大学院での専攻である「稲の研究」を生かせる仕事に就きたいから、農薬メーカーの非公開求人を知りたいというお電話でした。

E男さん はい…。

CA柚木 あいにく希望される業界には、当時ご紹介できる求人がなかったのですが、その後もE男さんは農薬メーカーを中心に、専攻を生かしたいという希望で就活を続けてこられたんですよね。これまでの活動を振り返っていかがでしたか。

E男さん はい…。書類選考はほとんど通るんですが、面接になると、1次面接で全部ダメでした。

CA柚木   何社くらい受けましたか。

E男さん 50社ぐらいです。面接にも、ほとんど同じ数、行っています。

CA柚木 それは頑張りましたね。E男さんの素晴らしいところは、途中で報告をうかがったときも、いつも「次こそ頑張ります」とおっしゃっていたところです。就職するんだ、という意欲を消さない。こちらも何とか力になってE男さんに結果を出していただきたいと思います。

E男さん よろしくお願いします。

面接をうける男子就活生の様子

面接が通らない理由は何か。原因を探りながら自分らしさを見つける

CA柚木 では、一緒に問題を整理していきながら対策を考えていきましょう。
最初の問題点は、書類選考は通っても1次面接が一度も通過しないということですね。書類選考で伝えられることと、面接で伝えられることは違います。どんなによく考えて完璧なエントリーシートが作成できたとしても、面接では実際に自分の声で説明しなくてはなりません。自分自身を表現する必要があるのです。

この点に関して、私はE男さんとの最初の電話の時から、気になっていることがあります。まず電話が聞き取りにくいほど、声が小さい(笑)、しかも元気がない印象を与えてしまう。これはもったいない。「明るく」「元気に」「大きな声で」は面接の基本です(笑)。E男さんの前向きな性格も、第一印象からは想像することができません。ご自分では、会話やコミュニケーションに関して苦手意識はありませんか。

E男さん …そうでしたか。その通りで、もともと人間関係は苦手です。中学ぐらいから、いやなことがあったりすると、かかわらなきゃいいやって、そのまま自分を閉じちゃうクセがあります。それでやってきたし、やってこられたんですね。

CA柚木 逆に言えば、ひとりでも平気、ひとりで作業が続けられるということですね。

E男さん はい、ひとりでコツコツ研究をするのがいちばん好きです。

CA柚木 それは研究だけでなく、手を動かしてモノを作ったりすることも好きなのではないですか。

E男さん そうです。研究のために必要な装置を考えて作ったり、工夫したりするのも得意です。手を動かしていることが好きですね。

CA柚木 それは大きなヒントですね。E男さんのことが少しずつわかってきました。次に、専攻を生かした職場に入りたいという意思がはっきりしていることを考えてみましょう。
農学系や生物を専攻した学生さんで、E男さんと同じように専攻を生かした仕事をしたいと就活をする方はとても多いんですね。ところが、それだけ人気があっても、この領域の企業の数は多くないんです。まして、E男さんの第1志望の農薬関連企業は少なく、どうしても狭き門になるのです。そこで、周辺の業界に広げて考える、あるいはまったく関連のない企業だけれど、求められる能力が一致しているところを探す、ということを考えてみてほしいのです。

E男さん そうですか。 

専攻にこだわる視点をずらしてみると、可能性が広がる

CA柚木 E男さんとお話していて私が考えたことは、仮にコミュニケーションがうまくできなかったとしても、コツコツとモノづくりができるなら、そういう能力のある人を求めている求人はいろいろあるということです。たとえば、そういった企業に目を向けてみませんか。…例えば、この企業です。技術系のモノづくりのアウトソーシングの企業で、機械や車の設計、製造にかかわる仕事です。

E男さん 考えてもみなかった世界ですが、興味はあります。書かれている募集の狙いを読んでも、しっくりきます。自分にとって、決して唐突な印象ではありませんね。

CA柚木 農学系の学問領域は広いので、それだけ就職先も幅広いのが特長なんです。しかも実学ですから、問題解決に向けてさまざまな視点やアプローチで取り組む思考の訓練をしてきていますよね。それが仕事にとても役立ちます。さらに、農学系の学生さんは、E男さんのように、目的意識が明確で、勉強や研究に対するモチベーションも高く熱心な人が多くて企業サイドの評価も高い。ですから専攻へのこだわりを少し緩めて、志望業界や企業をちょっと広げるだけで、自分に合う企業が見つかりやすいんです。

E男さん 研究内容と直結した事柄ならアピールしやすいんですが、異なる領域だと自信がなくて…。

CA柚木 専攻分野の内容だけを見るのではなく、学んできた過程で身につけたことや、先ほどのモノづくりのように自分が得意とすることを洗い出してみてください。仮説を立てて結果を導き出す論理的思考ですとか、ひたむきに観察、研究できる情熱や継続力など。自分を見る目の広がりが、そのまま確実な企業選択、就職につながると思います。

E男さん よくわかりました。次からは、視点を変えて頑張ります。

CA柚木 あ、声も少し大きくなりましたよ!

E男さん ホントですか(笑)。まだまだでしょうが、次こそ頑張ります。貴重なアドバイスをありがとうございました。

 

その後…

E男さんは、技術系のアウトソーシングの企業の内定を取得した。内定承諾の際、「専攻を生かす」ということよりも「自分の強みを生かせる物づくりに関わる働き方ができる」点に、高い納得感があった、と報告があった。

リクナビ就職エージェント』は就職活動を無料で支援するサービス。会員登録後、専属のアドバイザーが個別に面談を行い、あなたの希望や適性に合う企業を選んで、求人情報を紹介します。エージェントだからこそできる求人情報の紹介、面接アドバイスや履歴書添削なども行っています。

撮影/刑部友康

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。