複数企業に対して、内定承諾してしまいました。いつまでに決めないといけないのでしょうか?【就活なんでも相談室】Vol.13

「入社する企業を決めきれない」「内定を取り消されたら不安」などの理由から、複数企業の内定を承諾をしてしまうことがあります。いつまでに決めたらいいのか、内定承諾書を提出した後に辞退することで企業とトラブルにならないかという不安を抱いている人もいるのではないでしょうか。

そんなお悩みを、仏のような慈愛の心で受け止め、女神のように温かく励ましながら、これからのことを一緒に考えてくれるキャリアアドバイザーがいます。この連載では、彼らの元を訪れる就活生とアドバイザーとのやりとりを公開。同じ迷いや悩みを抱える就活生は、きっとヒントが見つかるでしょう。
就活なんでも相談室_トップ画像

プロフィール瀬戸良祐(せと・りょうすけ)

2017年、株式会社リクルートキャリア入社。入社後から一貫して「リクナビ就職エージェント」のキャリアアドバイザーとして、全国の文系・理系学生の就活支援を行う。
→リクナビ就職エージェント公式サイト

今回のご相談「複数企業に内定承諾書を提出してしまいました…」

内定式までに内定先を1社に絞ることができず、2社に内定承諾書を提出しています。いつまでに1社に決めれば良いでしょうか?

現在、複数社に内定承諾しているという都内の私立大学のH美さん。内定取り消しへの不安がなかなかぬぐえないまま、どちらの企業を選べばいいかの決め手が見つからず…と1社に決めかねているようです。企業への罪悪感はありつつも、内定辞退の方法もよくわからない…と相談に来てくれました。

複数企業に内定承諾していた場合、いつまでに内定辞退すればいい?

H美さん(以下、H美) 実は、大手企業のグループ会社である保険会社と、中小企業の貿易会社の2社から内定を頂きました。10月初めにどちらもオンラインで内定式を済ませており、2社に内定承諾書を提出しました。これって、問題になるのでしょうか?

キャリアアドバイザー瀬戸(以下、CA瀬戸)法律的な観点から言えば、民法では入社日の2週間前までに申し出れば、労働契約は解約できると定められています。現実的にはほぼないケースですが、もし内定辞退を申し出たのが2週間未満であり、かつ内定者の受け入れにあたり一定のコストがかかっていたなどの理由から、一方的で信義に反し不誠実であると裁判で認められた場合は、企業から損害賠償を請求されることがまったくないとは言い切れません。

H美 現実的に起こらないのであれば、焦って1社に決めなくても大丈夫そうですね。

CA瀬戸 ただ、企業も新卒採用には、時間とお金をかけています。もし、すでに採用活動を終了していた企業の場合、この後H美さんが辞退することで、欠員補充のために採用を再開しなければいけないかもしれません。そうなると、企業はまた時間とお金を費やさなければならないため、迷惑をかけることになるのです。

それにH美さんが複数社に内定承諾をしていることが、ほかの就活生に影響を与えている可能性もあります。

H美 どういうことでしょう?

CA瀬戸 H美さんが内定承諾している間、その企業に真剣に入社を志望しているほかの学生のチャンスを奪うことになるからです。

H美 なるほど…。私が辞退して、企業が再び採用活動をすれば、その方が入社できるチャンスがあるかもしれないですね。そこまで考えが及びませんでした…。自分がその方の立場だったら、モヤモヤすると思います。

CA瀬戸 また、社会に出てから最終的に内定辞退した企業と、仕事で取引をする可能性がないとも限りません。もしもそうなったとき、不誠実な対応をしてしまうと、その企業との良好な関係性が築きにくくなる場合もあるでしょう。

内定取り消しへの不安を解消するなら…ズバリ内定先企業に確認してみる

H美 お話をうかがって、なるべく早く決断した方が良いことは理解しました。でも、「内定取り消しに遭ってしまったら」と思うとやっぱり不安です…。

CA瀬戸 気持ちはよくわかります。「内定取り消しなど絶対にない」と断言はできません。一方で、新型コロナウイルスの影響を受け、採用を中断した企業が複数ある中、採用を続けている企業が「H美さんを受け入れたい」と内定を出したとも考えれば、今の段階で心配しすぎる必要はないと思います。

ただ、それでもまだ不安が消えないのなら、企業の採用担当者に不安な気持ちを率直に伝えてみてはどうでしょうか?「保護者や友人など周りの人が気にしているため、業績について新型コロナウイルスの影響を受けている点があるか教えていただきたい」と素直に聞いてみるのです。

H美 そんなことを企業に聞いたら、失礼ではありませんか?

CA瀬戸 企業もそういった事情や学生の不安は理解していますから、きちんと答えてくれるでしょう。それよりも内定辞退が遅くなればなるほど、今も来年度のH美さんの入社に向けて準備をしている企業に迷惑がかかることになります。

自分に合った企業が選べない…企業を選ぶときに考えたい3つの軸とは?

H美 業績についてそれぞれ聞いてみることで内定取り消しに対する不安は、解消できそうです。でも、いまだにどちらの企業が自分に合っているのか判断がつかず迷っています。

CA瀬戸 内定している保険会社と貿易会社は、それぞれどんな理由で志望したのですか?

H美 保険会社は、大手企業のグループ会社ですし、金融業界は安定していそうなので志望しました。しかし、営業職採用だったので、あまり自信がありません。人と接することは嫌いではないので、研修を受けて勉強すれば、なんとかなるかなと思っています。

貿易会社は、大学で英語を勉強していたこともあり、漠然と「貿易事務なら語学力を活かした仕事ができそう」と思い志望しました。ただ中小企業ですし、今後の先行きもわからなくて…。大手企業のグループ会社と比較するとちょっと心配です。

CA瀬戸 どうやら安定性を選ぶか、やりたい仕事を選ぶかで迷っているようですね。

そういう場合は、その企業や業務内容が自分に合っているかどうかを以下の「Will」「Can」「Culture」という3つの軸で考えてみてはいかがでしょうか?そうすると、どちらの企業がより自分に合っているのかが、見えてくるのではないかと思います。

  • Will…どんな仕事をしたいのか、何がやりがいか
  • Can…自分のどんな強みを生かせるか
  • Culture…社風や人間関係は自分に合っているか

H美 3つの観点で、2社を比較して判断してみるんですね。判断基準が明確になったので、自分の思いをきちんと整理して判断したいと思います。

CA瀬戸 複数社から内定を得たとしても、入社できるのは1社だけです。しっかり考えて納得のいく決断をしましょう。

内定を電話で辞退する就活生のイメージ

内定辞退は誠意をもって対応を。複数内定していたことも伝えた方がいい?

H美 まだ心配事が…。1社に決めた後、内定辞退をする企業には、どのように連絡すれば良いのでしょうか?今ごろになって内定を辞退するなんて伝えたら、人事の方に怒られてしまいそうで心配です…。

CA瀬戸 怒られてしまうことはないと思います。大切なのは、内定辞退する企業に対して誠意を尽くすこと。その場合、メールよりも電話で伝えることが望ましいです。担当者が忙しくて直接話すことができない場合は、伝言を残して終わらせるのではなく、メールで事情を伝え、あらためて電話でお話ができないかと聞いてみると良いでしょう。

H美 わかりました。どちらの企業の担当者にも、内定式までお世話になっていたので、少し勇気がいりますが…。しっかりと自分の言葉で辞退の旨を伝えるようにします。さらに伝える際のポイントがあったら教えてください。

CA瀬戸 辞退する旨を明確に伝えること、簡潔に理由を伝えること、そして何よりきちんとおわびすることです。

H美 では、やはり正直に「複数社に内定承諾をしていた」という理由を伝えなくてはいけないのでしょうか?

CA瀬戸 複数承諾していたことは、あえて伝えなくても良いです。とはいえ、うその理由を述べるのは好ましくありません。企業も今後の採用に生かすため、「なぜ内定を辞退するのか」を知りたいと思っています。そのとき、「ほかの会社から内定を頂いたので、辞退いたします」と伝えるだけではなく、「どういった理由で内定辞退し、別の企業を選んだのか」までは、しっかりとお話しできるように準備しておきましょう。

内定辞退の電話やメールの方法は以下の記事でも触れています。参考にしてみましょう。
社会人と接する最低限のマナー 電話編
内定承諾書って?内定通知書との違いは?返送時の添え状の書き方ポイント&マナー解説

H美 今日の瀬戸さんのアドバイスで、自分のやるべきことがわかり、スッキリしました。

CA瀬戸 一人で考えていると、内定取り消しへの不安も募りますし、内定辞退を伝えて怒られたらどうしよう…などと悪い方向に考えてしまいがちです。

新型コロナウイルスの影響から先行きが不安で、内定辞退を先延ばしにしてしまう気持ちもとてもよくわかりますが、不安を抱えて一人で悶々(もんもん)と過ごすのは、H美さんにとって決して良い状態とはいえません。

周囲の人やキャリアアドバイザー、あるいは内定取り消しが不安なら、企業の採用担当者に相談するなどして、速やかに解決してほしいと思います。今日は、H美さんが相談に来てくれて本当に良かったです。

H美 はい、相談できて良かったです。本当にありがとうございました!

監修/社会保険労務士法人岡佳伸事務所 岡 佳伸
取材・文/笠井貞子


\リクナビ就職エージェントをご存知ですか?/

『リクナビ就職エージェント』は就職活動を無料で支援するサービス。
会員登録後、専任のアドバイザーが個別に電話相談を行い、あなたの希望や適性に合う企業選びを一緒に考えます。
エージェントだからこそできる求人情報の紹介、面接アドバイスやOpenESの添削なども行っています。

『リクナビ就職エージェント』に相談する

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。