「こんなはずでは…」入社3年以内に人気企業を退社した先輩の体験談&アドバイス

誰もが知っている人気企業や大企業に新卒で入社したのに、3年以内に早期退職する人がいます。今回は、そんな先輩3人に「就活のときの入社理由」「退職の理由」そして「もう一度就活するならどうするか」を尋ねてみました。

退職届のイメージ画像

今回、インタビューに応じてくれた3人は全員、自身の就活を振り返って「内定を得た時点では、自分の就活はとりあえず成功したと思っていました」と口をそろえます。けれども入社後になって、就活の時には「見えていなかったこと」に気づき、悩んだと言います。

企業がいくら人気があっても規模が大きくても、自分がそこで幸せに働けるかどうかは、それだけでは決まりません。「人気企業ならまあ大丈夫だろう」と入社して後悔している先輩たちの体験談は、きっとこれから就活を始める、または今悩んでいる就活生の皆さんの参考になります!

【CASE1】大手食品メーカーを3年で辞めたAさん(28歳)「譲れない部分が満たされない働き方に耐えられなかった」

志望理由は好きなもの×強みを生かせる働き方、のはずが・・・

僕は都内の私立大学の文系学部を出て、新卒で大手食品メーカーB社に入社しました。

就活を始めるとき、最初にいろいろと考えたのですが、まずは好きなものを扱いたいと思いました。
その時真っ先に浮かんだのが、当時のアルバイトで接点のあったB社の商品でした。また、正直に言うと就職活動の時は「やっぱり、せっかくなら大手企業」という思いが強かったのです。

自分の中で、もう一つ、実現したい軸として「英語を使って、海外の人と働ける仕事に就きたい」というものがありました。英語力には自信があったんです。B社は国内食品メーカーの中でも特に海外売上が高かったので、英語を使って働けるチャンスが多いと判断しました。

ちなみに、英語を使うという点で外資系企業も検討したのですが、性格的にも、いわゆる実力主義の環境でバリバリやるほどの自信はなかったので、志望しませんでした。

最終的に、「1.大好きな商品を扱っている」「2.海外売上比率が高いから英語力を生かして働けそう」という条件を満たした「大手」であるB社を第1志望として就活に励み、無事内定を獲得しました。

退職理由は自分が譲れない点が満たされないこと

郊外で営業回りをするイメージ画像

しかし、いざ入って、大変なことに気づきます。B社では「若手のうちに海外事業に携われる可能性はかなり低い」ということがわかったのです。

パリッとしたスーツに身を包み、グローバルにビジネスをしている自分をイメージしていましたが、最初の配属先はスーパーやお酒の量販店の営業でした。

店舗の倉庫整理を手伝って汗まみれになったしわしわのスーツで、郊外の田園風景の中を営業車で走っている自分が、入社前にイメージしていた自分の姿と違いすぎて、次第に落ち込みが深くなっていきました。客先に到着しても、車から降りられないことも何度あったかわかりません。結局、入社後3年間、1度も英語を使う機会はありませんでした。

面接では、英語力が強みだということ、海外事業に携わりたいと確かに伝えていたはず。だから配属を聞いて、自分の強みが評価されていないのでは?と寂しくなりました。でも後になってわかったのですが、海外事業は主に子会社が担っていて、B社からそこに行くには管理職以上が出向する形で、ということだそうです。「若いうちから海外の人と働けるかどうか」について、直接社員の方に聞いてはいませんでした。いま思えば完全にリサーチ不足です。

この時あらためて、自分にとっていかに「英語を使って海外の人と働く」ことが大事かに気づきました。

同時期に、もう一つの大きな問題に突き当たりました。それは「希望の配属とならなかった場合にどうするか、まるで考えていなかった」ということです。

就活の時には、面接の場があまりにいい感じだったので、希望通りに配属してもらえると信じて疑いませんでした。今考えると赤面ものです。実際にはそんなこと、あり得ませんよね。ちょっと考えればわかることですが、当時は考えもしなかった。妙な自信があったんです。就活時にもっと会社全体を調べて、どこに配属されても頑張れるくらい会社を好きになっていれば良かった。または自分が譲れない点を自覚し、それを確実に満たすことができる会社を選ぶべきでした。僕はどちらでもなかった。

何度か上司にも相談しましたが、やはり英語を使ったり海外業務に携わったりできる可能性は限りなく低いことを悟り、丸3年勤務して退職しました。退職後は、自分を見つめ直したくて世界一周に出て多様な人に触れてリフレッシュしました。今は次のステージに向かっています。

もし、もう一度大学生に戻って就活するなら、どうする?

もしもう一度就活するとしたら、活動を始める前に次の3つを徹底的にします。

  • 自分にとって譲れないことを明確にする
  • それがかなう環境のある仕事・企業を探す。
  • 新卒一括採用(職種採用ではない)の場合には、もし配属が希望通りにならなくても頑張れるか、自問自答しておく。

自分もそうだったのですが、多くの大学生は「自分にとって譲れないもの」について考える時間が足りないと感じています。でも、そこがわからないままでは、将来仕事につまずいたとき、きっと後悔すると思います。就活の前に真剣にこのテーマを考えるプロセスを、手抜きしないことをお勧めします。

また、目指す会社が「自分にとって譲れないもの」を満たすことができるかは、とことんリサーチしてください。長期インターンシップなどに参加して社内をじっくり把握するのが理想ですが、OB・OG訪問や面接時の質問など、あらゆる機会を捉えてくださいね。

そして配属の問題。日本の企業はほとんどが「新卒一括採用」ですから、担当する仕事は入社してみないとわかりません。配属に希望が通らなくても、目の前の仕事に一生懸命になれるくらい、その会社が好きかどうかを、真剣に考えるようにすれば良いと思います。

【CASE2】「知ってるつもりの地元TV局」で、想定外の働き方に2年で辞めたCさん(27歳)

志望理由はTVが好きだったから

私は人口が多くない(笑)西日本のある県の出身です。地元の大学を卒業して、新卒で地方TV局に入社しました。地方とはいえ、地元では誰もが知っている有名な局です。学生時代にカメラアシストのアルバイトをしていて、そのご縁もあって、そのまま内定を頂きました。だから「配属もきっと同じ部署だろうな」と勝手に考えていました。

私がTV局を志望した理由は、もともとテレビが大好きだったからです。就活では全国キー局を含め、TV局関連企業を片っ端から受けました。キー局は全滅でしたが、1社だけ内定をくれたのがこの地方局でした。

当時、いわゆる業界研究や企業研究は、まったくおざなりでした。アルバイトをしていたので、そのTV局のことをすっかりわかった気になっていたところがあると思います。実際にTV局にはどんな部署・仕事があるのか、ビジネスモデルはどうなっているか、などはまったくわかっていませんでした。

退職した理由は想定以上の飲み会の多さと、想定外の業務内容

営業配属後に接待しているイメージ画像

入社後は、法人営業部に配属され、地元の有力企業に「CMやりませんか」と営業して回りました。でも入社早々、高い壁にぶつかります。それはいわゆる飲み会や接待の多さです。多い少ないの認識には個人差があると思いますが、お酒がまったく飲めない自分にとって週5の宴席と毎週末のゴルフ接待は苦痛以外の何物でもありませんでした。酔うと人に迷惑を掛けてしまって翌日自己嫌悪に陥るというパターンの繰り返し。それでも宴席が減ることはありません。部署内には「宴席が多い=仕事頑張っている=偉い」という図式が確かにありました。僕はだんだんと消耗していきました。

もう一つの退職理由は、仕事そのものが自分に合っていなかったことです。

そもそも就活時の研究が足りず、「TV局にも営業がある」という事さえ知りませんでした。アルバイトをしていただけで会社のことを知ったつもりになり、また、TV局への強い憧れのせいで、自分にとって都合の良い表面的な部分ばかりを見ていました。アルバイトで経験していた制作現場の仕事は好きでしたが、CMの営業や価格交渉をするのはとても苦手でした。取引先との商談が不調に終わって叱られたり、飲み会で失礼なことをして怒られたりすることが続き、次第に心身共に疲弊して、夜も眠れなくなってきました。入社して1年10か月が過ぎ、さすがにもう無理だ、次のボーナスが出たら辞めようと思っていたころ、兄から真剣な顔で「ボーナスを待って人生を棒に振るのか」と詰め寄られて目が覚めました。翌日辞表を出しました。もしあと数カ月でも続けていたら、どうなっていたか自分でもわかりません。

もし、もう一度大学生に戻って就活するなら、どうする?

私が新卒入社先を早々に退社した最大の理由は、アルバイト経験などで中途半端に会社や業界を知ったつもりになり、自分にとって都合の良いところしか見ていなかったせいで、仕事に納得感がまるで持てなかったことだと思います。業界と会社に対する圧倒的な研究不足も原因です。自分がするかもしれない仕事、業界については、真剣に調べておくべきでした。

これは別に人気企業に限りませんが、自分にとって憧れや良いイメージが強いところほど、落とし穴があると思います。

もうひとつは自己分析をしっかりやるべきですね。経験したから言えることですが、自分に向いていない職場環境で、向いていない仕事をしているのは、本当につらいです。それをずっと続けるほど、僕は強くありませんでした。

最後に、その会社の価値観や風土を調べることも、絶対に大事です。僕の場合でいう連日飲み会のように、その企業に、自分にとってつらそうな文化はないか、なども調べておくといいと思います。どんな組織にもやっぱり風土ってありますから。

ネットで情報収集したり、OB・OG訪問で具体的に聞いてもいいと思います。憧れが強い業界ほど、厳しめにチェックした方がいいかもしれません。入社前に100%知るのは不可能ですが、それでも、調べておいた方が絶対にいいと思います。

【CASE3】大手保険会社を2年で辞めたM子さん(29歳)「条件は良かったけれど・・・」

この企業を選んだ理由

私は都内の私立大学の文系学部出身です。当初、専攻した領域に就職を考えたのですが、教授から「この業界は給与水準も低く、就職先としてお勧めしない」と言われて、ほかを探すことにしました。でも業界や会社を選ぶ基準もわからなくて「取りあえず大手なら安心かな」と考えました。地方にいる親も安心しますし。

入社した会社は合同会社説明会でたまたま知ったのですが「女性が多く活躍している、福利厚生が充実していて長く働ける」と言われました。

将来、結婚や出産を経ても働けそうだと思ったのと、面接時に「正直、御社が第1志望かはわからない」と本音を伝えたにもかかわらず内定を出してくれたので「この会社は取り繕っていない自分を認めてくれた」と感じたのが、入社の決め手になりました。

当時の自己分析では、私は「目の前の人が笑顔になると喜びを感じる。人のための仕事にやりがいを感じる」タイプでした。「人のためになる」点で、保険業界はマッチしていると自分を納得させました。

退職した理由は退屈な日常と成長実感のない環境

退屈な日常と成長実感のない環境のイメージ画像。オフィスにいる女性が自分の席に座り、PCの前で頬杖をついている。

退職した最大の理由は「退屈な日常」「成長実感のない環境」に耐えられなくなったからです。

仕事では、1日中、手元にきた書類の細かい間違いや誤字のチェックでした。業務内容は難易度が高いわけでもなく、慣れると本当に飽きてしまいました。仕事の中身に意義を感じられないこともつらかったです。

人事異動が少ない部署で、毎日、固定メンバーでの女子会ランチにも非常に気をつかいました。仕事だけじゃなくて、ランチの話題も毎回同じ(苦笑)。

毎日、定時退社してジムに通い帰宅して食事を作って食べて就寝して、朝も定時に起床、出勤。この決まりきった環境で定年まで働く自分を想像するのは無理でした。

大学時代はフィリピンで植林するサークル活動にやりがいを感じていたことを思い出しました。目の前の人が笑顔になれるために全力で頑張ることのやりがい、楽しさ、いつもお世話になったホームステイ先の家族との親密な交流などを思い出して「自分はいったい、ここで何をやっているのだろう。本来のアクティブな自分は、どこに行ってしまったのだろう」と思ったのです。

大手、待遇、福利厚生、勤続年数、女性の働きやすさ、などの条件は良くても、自分が心の奥で求める軸と、その会社で達成できることを見誤ったんだと思います。

もし、もう一度大学生に戻って就活するなら、どうする?

もし今から就活をやり直せるなら、できるだけ多くのいろんな人に会って話しておきたいと思います。

友達だけでなく、所属がまったく自分と違う人のライフスタイルや多様な価値観に触れた上で自分に向き合っておきたかった。

3年生で就活が始まる時に急に準備を始めても、周りに流されるし、あまりきちんと自分と向き合えずに本番の面接を迎えてしまいそうなので、もっと早い段階から、社会人のライフスタイルやさまざまな社会人の働き方を知って、自分に合った働き方を模索します。後輩の皆さんにも、これはお勧めしたいことですね。

人気企業や大手企業なら、誰にとっても安心、とは限りません。

そんな当たり前のことも、新卒の時にはわかっていなかったんだと思います。とはいえ、いくら多様な価値観に触れたり、事前に企業や業界を調べても、外からすべてを事前に知ることは不可能です。入ってみないとわからないこともあります。

ですから、悔いのない就活をすることがまず第一ですが、その上で、後輩の就活生に伝えたいことは「新卒の会社だけがすべてじゃない」ということです。もし入った会社が自分に合わないなと感じたら、転職も選択肢だと思います。最初から、それをお勧めするつもりはありませんが、どうしようもなければ次に進んだ方がいいですね。

私は現在3社目で、外資系医療機器メーカーに転職して2年目です。とっても忙しいものの、最高に楽しいです。医療機器を通じて、患者さんの命を救う仕事に従事している医師のお手伝いができることは、私にとってやりがいにあふれています。

満足度は、最初の職場が5点中1点だとすると、今の仕事は5点満点の4.5点です。

将来、出産などで仕事のペースを変えることもあるかもしれませんが、今は自分自身に力をつけて、周りの役に立てる価値をつくりたいと思います。

せっかく人気企業に入社したのに「こんなはずでは・・・」とならないために

ここまで3人の先輩の体験談と、「もしもう一度就活するならこうする」というアドバイスを紹介してきました。

3人の話を総合すると、

  1. 情報を集めることは大前提、必須。インターンシップやOB・OG訪問などでできるだけリアルな接点を取りにいくのがお勧め。知っているつもり、は非常に危険。
  2. 配属などが希望に沿わなかった場合のことも想定しておく。
  3. 「自分の価値観」と早めにきちんと向き合い、譲れないポイントを明確にする。
  4. 早い段階でいろいろな社会人に会っておき、自分にとって理想の働き方を考えてみる。

などのポイントが見えてきます。

大企業の仕事やカルチャーの特徴から、自分に合うかどうかを考えてみるのも一法

企業の人事採用のコンサル業務を手掛け、自身も企業人事20年の経験を持つ、株式会社人材研究所・代表取締役社長の曽和利光さんによると、いわゆる大手企業の仕事やカルチャーには、いくつかの共通の特徴があると言います。そこに自分が合致するかどうかも大切な要素です。

「大企業の特徴の一つは分業体制が整っていること。大企業ゆえ全体としては大きな仕事になるのですが、社員一人ひとりは完全に分業化されたごく狭い範囲の業務に従事することになります。20代30代はまだ修業の半ば、という感じで、広い視野に立つ仕事を与えられる機会はあまり多くありません。反対に、40代以上くらいになると、登山でいえば山を登って視野が広がっていく感じで、担う仕事や責任の範囲も拡大していきます。生き急ぐ、というか『早く成長したい』『●歳までにはこうなっていたい』と考える人には、もしかしたら、大企業は合わないかもしれませんね」と話す。

また、別の特徴として、「大半の大手企業は、過去の成功体験からおおむね勝ちパターンが決まっています。そこでは勝ちパターンを踏襲すること(だけ)を求められます。『自分なりに工夫したい、新しいことをしたい』『毎日が変化に富む毎日が送りたい』という人には、物足りないと感じるかもしれませんね」と言う。

さらに、大企業では年齢の上の人たちとのコミュニケーションが大事になってきます。意思決定をする年上の上司たちに物おじせず、さりとて生意気にならずにコミュニケーションをとれる能力、いわば「年上リテラシー」が求められるといいます。「大企業で意思決定をするのは親世代や、さらにその上の世代であることが多いです。彼らと、しっかりコミュニケーションができることは、大企業では大きな強みになります。すぐに身につくスキルではありませんが、これも、大企業の大きな特徴の一つだといえます」(曽和さん)。

 

ほかにも大企業に向いているかどうか、「大手適性」について、曽和さんにお話しいただいている記事もあります。あわせて参考にしてください。

大企業志望でうまくいかない就活生のために「採用のプロ」が教える“巻き返し術”

取材・文╱佐々木ゴウ 就職ジャーナル編集部

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。