大学生に聞きました。この夏休み、何したい?

この夏、大学生活初めての長期休暇を迎える1年生368人に、「この夏休みをどのように過ごしたいか」を聞きました。大学生の夏休みは長いけれど、あっという間に過ぎてしまうもの。みんな、どのように過ごすのでしょうか?

大学生1年生に聞きました。この夏休み、何したい?イメージ画像

[調査概要]

調査期間:2016年6月9日~6月15日
調査サンプル:大学1年生368人(うち男子学生130人、女子学生238人)
調査協力:株式会社クロス・マーケティング

6割の大学生が「アルバイトをする」と回答。次いで多かったのは「旅行」「勉強」「帰省」

■この夏休みは、どのように過ごしたいですか?(複数回答)
「この夏休みは、どのように過ごしたいですか?(複数回答)」の回答結果を棒グラフで集計したものです。それぞれの選択肢と割合はこの後にご紹介します。

まず、回答結果で一番多かったのが「アルバイト(62.2%)」。次いで「旅行(46.5%)」と「勉強(45.9%)」が4割台で続き、約3人に1人は「帰省(33.7%)」と回答。「海外留学(4.9%)」と「インターンシップ(2.2%)」は少数派でした。

「その他」では、「自動車の運転免許を取る」が非常に多く、フリーコメントでは「部活・サークル活動(あるいはその合宿)」という答えも複数見られました。特に何もしないという人は10.9%という結果になりました。

アルバイト・旅行…それとも、勉強?大学生の夏休み計画

ここからは、大学1年生のリアルボイスを紹介します。

「どう過ごす?リアルボイス編」のイメージ画像

 

主に「アルバイトをする」と回答した大学生のリアルボイス

  • お金がないのでバイトで稼ぐ! サークルの合宿も楽しみです。(経済学部・女子学生)
  • アルバイトでお金を貯めて、旅行に行きたい。TOEIC(R)テストの勉強や司法試験の対策もしたい。(法学部・男子学生)
  • 卒業後に一人暮らしをするから、その貯金のためにバイトをして、それ以外は秘書検定の勉強や映画鑑賞、水族館などに通って時間を使うつもり。(心理学部・女子学生)
  • 普段は忙しくてバイトができないので、夏休みの間にバイトでお金を稼いでおきたい。(総合理系学部・男子学生)
  • 帰省先でバイトをしつつ、友達や彼氏と遊びたいです!(国際文理学部・女子学生)

主に「勉強をする」と回答した大学生のリアルボイス

  • お金があまりないうえに、夏は暑いから家にいるわけにもいかず、大学の図書館でおとなしく勉強をするつもり。(人文社会科学部・男子学生)
  • 語学留学することになっているので、海外でしっかり勉強する予定です。(外国語学部・女子学生)
  • 心理学科にいるので、心理学の本を大学の図書館で10冊ほど読んで、大学院への進学についても調べたい。漢字検定1級の勉強に本腰を入れたい。一人旅もしてみたい。(文学部・男子学生)
  • 9月にクラス替えがあるので、上のクラスに行けるようにTOEIC(R)テストの勉強を頑張りたい。また、11月に留学先が確定するので、TOEFL iBT(R)テストの勉強も頑張るつもり。(国際学部・女子学生)

帰省、その他のリアルボイス

  • 節約のため、帰省してゆっくり過ごします。(美術学部・女子学生)
  • 高校時代の友人とキャンプに行きたい。(工学部・男子学生)
  • 普段は大学の勉強が忙しくて自動車学校に通う時間がないので、夏休みに合宿免許を取ることにした。(工学部・男子学生)

研究員FGKからご挨拶のイメージ

F「バイトや勉強に励んだり、忙しくて普段はできないようなことにじっくり取り組んだりと、いろいろな計画があるんだね。長期の休みはとても貴重なので、漫然と休みを過ごさないようにしたいね」

G「最後の『彼氏と遊びたいです!』がうらやましいわ。私もこの夏は婚活を頑張らないと!」

K「そして僕たち『シゴト総研』の研究も、ひとまずここで一区切りとなりました。みんなの大学生活が実り多いものとなること、そしてみんながステキな社会人となることを、心から願っています。今までありがとう! そしてこれからも頑張ってね!」

文/日笠由紀 イラスト/中根ゆたか

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。