【内定者体験談】最終面接で感じたコレは落ちるフラグ?結果通知はいつ来るの?500人アンケート実施

最終面接を終えて合否が出るまでの時間は、「あの時こう答えれば良かったかな」「面接担当者があまり質問をしてこなかったけど大丈夫だろうか」など、内容を振り返って不安になりがちです。どんな雰囲気だったら受かるケースが多いのか、はたまた不合格なのか…就活を終えた先輩たちはどんな感触を得ていたのでしょう。当時の様子を振り返ってもらいました。

落ちるフラグ?最終面接の結果が不合格だった先輩の体験談

「これって落ちるの?」「内々定なの?」そんな不安を解消すべく、2019年卒の内定者500人へのアンケートを実施しました。まずは、最終面接で落ちてしまった先輩たちのエピソードから紹介していきましょう。

「最終面接中から手応えを感じられずに、結果はやっぱり不合格だった」というケース

・自分が言いたかったことがうまく伝えられず、質問の回数も少なかった(食品業界内定/男性)

・最終面接もグループ面接だったが、ほかの人と比べて根掘り葉掘り聞かれなかった(通信業界内定/女性)

・他社と比較してなぜこの会社なのかという質問にうまく答えることができなかった(人材業界内定/女性)

・あまりにも想定していない質問が飛んできて、しどろもどろになってしまった。やや圧迫気味の面接であったのも伴って、途中で疲れ果ててしまった(自動車関連業界内定/男性)

・質問に対する答えがすぐに思い浮かばず、考えがまとまる前に話してしまい、面接担当者の反応がイマイチだった。気持ちが焦りすぎて、質問に対して食い気味に早口で答えてしまい、面接担当者からもそれを突っ込まれた(ソフトウェア業界内定/女性)

先輩たちが感じた“手応えのなさ”として数多くの声が上がっていたのが、面接担当者の態度や表情でした。具体的には「(自分の)話にうなずいてもらえたことが一切なかった」「表情が暗かった」「関心のなさそうな様子」など。相手のその態度に心が折れ、話がしどろもどろになってしまったり、あきらめモードになってしまったり…という先輩たちもいたようです。

「手応えがあったのに、結果は不合格だった」というケース

・面接担当者がしっかりうなずきながら聞いてくれたけれど、問われてないことを答えてしまったのが反省点(製薬業界内定/男性)

・答えられない質問に面接担当者がフォローしてくれるなど、全体的に問題なく面接を終えられたと思っていた。「最近気になるニュース」についてしっかり答えられなかったので、そこが合否に影響したのかもしれない(電機業界内定/女性)

・説得力のある志望動機、エピソードを用意していて、それをきちんと話せたという手応えはあった。ただ、自分が話したいことを話しすぎてしまった。面接の時間を考慮して効率よく簡潔に伝えられていなかったのかもしれない(医療関連業界内定/女性)

・受け答えがしっかりでき、面接担当者の表情も穏やかだったので、大丈夫かなと思った。ただ、淡々と答えすぎて、「用意した回答を読んでいる」感じが伝わってしまったのかもしれない(信用金庫内定/男性)

面接の結果については、企業側に理由を聞くことができません。紹介した先輩たちのように、「ここがうまくいかなかった」と具体的に思い当たる点があれば、次に改善するなど準備を進めてみるのもいいでしょう。友人や家族など第三者との模擬面接で、客観的に気になる点を指摘してもらうのもいいかもしれません。

ただ、なぜ駄目だったのか、本当のところは自分ではわかりません。ですから、残念な結果であっても、自分を責めすぎないで、「相性が合わなかったのだろう」と開き直って前に進む、ポジティブな姿勢もまた大切です。

最終面接の結果を待つ就活生

受かるフラグ?最終面接の結果が合格だった先輩の体験談

では、内定が出たときの最終面接では、先輩たちはどんな手応えを感じたのでしょう。「面接中から受かると感じた」というケースから、「まさか受かるなんて…」というものまで、具体的な声を紹介していきます。

「手応えもあり、結果は合格だった」というケース

・自分の頑張った話を興味がありそうに掘り起こしてくれて、「今までに見たことがない成績だ」と褒めてくれた。また、人事の方から会社に対する説明があり、その時間が長かった(調剤薬局内定/女性)

・面接担当者が自分の話に興味を持って詳しく聞いてくれ、にこやかで、話が弾んだ。入社後のことも詳しく話してくれた(建設業界内定/女性)

・相手が就活生の話を熱心に、かつ笑顔で聞き続けてくれた。将来像を話しても、それを肯定して「この会社なら実現できるよ」と言ってくれた(SI業界内定/女性)

・終始和やかなムードで面接が進んでいた。「来年一緒に働けるのを楽しみにしています」とのお言葉を頂いた(電力・ガス業界内定/女性)

・質問の時間が早々に終わり、入社後の不安点を少しでも解消するために、逆質問の時間を長く取っていただけた(電機業界内定/男性)

「話が終始盛り上がった」「和やかな雰囲気で終えられた」など、面接担当者の態度、表情などから手応えを感じた先輩も多くいました。また、例でもあるように面接後に具体的に声を掛けられた先輩も多く、「面白い方だね」「ぜひ入社していただきたい」「うちの会社で活躍できると思う」などと言われ自信を持てたケースもあるようです。

「手応えはなかったけど、結果は合格だった」というケース

・話す時の表情がこわばっていたし、回答が少したどたどしかったので自信がなかった。ただ、ほかの企業と比較してどんな特徴があるか調べて話せたのは良かった(医療業界内定/女性)

・質問をされて答えるまでに時間がかかったり、言葉がまとまらなかったりすることが多く、合格するとは思わなかった。わからないことははっきりと「勉強不足でわかりません」と答えたのが良かったのかもしれない(旅行・ホテル業界内定/女性)

・質問に対してまとまりのない返しをしてしまい、手応えはなかった。ただ、面接後の帰り際に、面接担当者の方々とエレベーターの前で偶然会い、その時に普段の笑顔で話せた。少し好感触を得られたかなと思った(公務員内定/女性)

・面接担当者の反応から、思ったように伝えたいことが伝えられていないように感じていた。ただ、どうしたら伝わるだろうかと、一生懸命考えて話していたのが良かったのかもしれない(医療業界内定/女性)

・想定していた質問がほとんどなく、特に専門性の高い質問をされたため、自分の回答が間違いだったのではないかと不安だった。わからない質問に対しても黙らずに、その場で思いついたこと、考えを発言できたのは良かった(公務員内定/女性)

・質問に対する答えがうまくまとまらなかった。ただ、「少し時間を頂けますか」と、きちんと要望を伝えてまとめ直せたので、その姿勢が良かったかな(専門商社内定/男性)

・面接で簡単な問題を出されたが答えを間違えてしまった。間違えた時に素直に謝罪をし、正答を教えてもらったのは良かったと思う(教育業界内定/女性)

質問にうまく答えられなかった…と落ち込んでいたケースが多いようですが、「わかりません。これからきちんと勉強します」と正直に伝えたり、「もう一度まとめさせてください」などとお願いしたりと、素直に対応する姿勢が垣間見えます。面接担当者とコミュニケーションを取る姿勢が大切なのかもしれません。

連絡が遅いと落ちるフラグ?結果通知はどれくらいで来るの?

学生の間でひそかにささやかれる「連絡が遅いと落ちる」という説。実際はどうだったのか、先輩のデータから傾向を見ていきましょう。

合格通知は当日から1週間以内に来ることが多い

■最終面接後の「合格通知」が来るまでに、だいたいどれくらいの期間があったのか教えてください。(n=500、複数回答)

アンケート結果のグラフ:最終面接後の「合格通知」が来るまでに、だいたいどれくらいの期間があったのか教えてください。

「当日」は21.2%、「3日未満」は27.2%、「1週間未満」は42.2%、「2週間未満」が20.6%という結果に。1週間未満に連絡が来たケースが目立ちます。 2週間以上かかるケースはぐっと数値が落ちるのがわかります。

不合格通知は1週間以内、もしくは2週間以内が比較的多い

■最終面接後の「不合格通知」が来るまでに、だいたいどれくらいの期間があったのか教えてください。(n=311、複数回答)

アンケート結果のグラフ:最終面接後の「不合格通知」が来るまでに、だいたいどれくらいの期間があったのか教えてください。

結果を見ると、当日は5.7%、3日未満は13.7%と、合格通知に比べて低い数値であることがわかります。

ただ、1週間未満が43.5%、2週間未満が26.5%と比較的高く、それ以降ぐっと落ちるのは、合格通知の傾向と同じです。

 

【調査概要】
調査期間:2018年12月3日~12月5日
調査サンプル:大学1年生~大学院2年生、専門学校生、短大生の就職内定者500人
調査協力:株式会社クロスマーケティング

文/田中瑠子

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。