大学1年生に聞きました。この夏休み、何したい?

 この夏休みは、どのように過ごしたいですか?(複数回答)

img_souken_graph01_vol297

大学生活初めての夏休みを迎える1年生に、この夏休みをどのように過ごしたいかと尋ねたところ、6割強が「アルバイト」と回答し、最多となった。「勉強」が約半数、「旅行」も4割台で続き、約3人に1人は「帰省」と回答した。「その他」では、「自動車の運転免許を取る」が非常に多く、「部活・サークル活動」という答えも複数見られた。

midashi_souken_297
学校に慣れるまでは勉強に集中するようにと、夏休みになるまで親にアルバイトを禁止されているので、夏が来たらその分しっかりバイトして稼ぎたい。(文学部・女子学生)

前学期の復習をして学力を高めるために勉強する予定。(IT総合学部・男子学生)

お金がないのでアルバイトをしたい。TOEFL(R)テストの勉強も頑張って、来年はたまったお金で海外に短期留学したい。(教育学部・女子学生)

実家に帰省して、早朝にアルバイトをしながら昼間は地元で友達と楽しく遊びたい。(環境建築学部・男子学生)

高校の3年間でほとんど旅行に行っていないから、絶対旅行に行ってやる!(経済学部・男子学生)

祖母が入院しているので、帰省してお見舞いに行きたい。(教養学部・女子学生)

着物の着付けをみっちり習って、一人で着られるようになります。(理工学部・女子学生)

夏休みに入ったら、とっとと帰省するつもり。実家なら母の手料理が自動的に出てくるからです。自炊には疲れました…。(経済学部・男子学生)

3年後の就活に向けて、一足早くインターンシップを経験しておきたい。大学生活はお金がかかるので、夏休みの間にある程度お金もためたい。また、資格を取りたいのでそのための勉強もする予定。サークルの仲間や高校の友達とも遊びたい。(経営学部・女子学生)

旅と飛行機と空港がすごく好きなので、できれば旅行に行きたい。でも、そのためにはお金がいるのでアルバイトもしたいし、旅先で意思疎通がうまくいくように語学の勉強もしたい。そう考えると、この夏はこぢんまりと趣味を楽しみながら、バイトに励む方が現実的かも…。(薬学部・男子学生)

まずは帰省。そろそろ田舎が懐かしくなったし、友達にも会いたいし、避暑に行きたいし、何より、地元テレビ局のイベントに参加したいから。(文系学部・女子学生)

彼氏さんにしばらく会っていないので、久々のデートを楽しみます!(理工学部・女子学生)

f_hitorigoto
みんな、大学1年の夏を漫然と過ごさないために、実にいろんな計画を立てているんだね。来年の夏への準備期間と位置付けてバイトや勉強に励んだり、あるいは高校時代や受験生の時にできなかったことを思い存分楽しんだり…。長期の休みはとても貴重なので、今のところ「特になし」という人も、ぜひ「夏休みの計画」を立ててみたらどうかな? そして最後の「彼氏との久々のデート」のラブラブなリアルボイスは、常時婚活中のGには見せないようにしておこうっと!

文/日笠由紀 イラスト/中根ゆたか

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。