先輩たちに聞きました。 大学での友達はどうやって作った?

大学に親しい友達がいますか?

img_souken_graph01_vol256

大学2年生~大学院2年生に、大学に親しい友達がいるかどうかを尋ねたところ、8割強が「はい」と回答し、大多数の学生が、親しい友達を持っていることがわかった。属性別では、男子学生よりも女子学生、学部生よりも大学院生の方が、「はい」と答えた学生の割合が多い傾向が見られ、特に女子学生はその傾向が顕著だった。

 

その友達との出会いのきっかけは?(複数回答)

img_souken_graph02_vol256

次に、その友達との出会いのきっかけについて尋ねたところ、約7割が「クラスやゼミ」と回答し、4割台で続く「部活やサークル」を大きく引き離す結果となった。「その他」では、「SNSで知り合った」「共通の趣味があった」「入学式に知り合った」といった回答が見られた。

 

midashi_souken_256

風邪をひいたとき。レンタルCDを返しに行ってくれたり、弁当を買いに行ってくれた。(経営学部2年・男子学生)

 

好きだった人にふられたとき。友人が電話で話を聞いてくれたおかげで気持ちが楽になった。(大学院医学研究科1年・女子学生)

 

就活や研究で大変なとき。お互いに励まし合えたからこそ、くじけずに済んだ。(人文学部4年・男子学生)

 

一緒にケーキを食べに行って、いろいろおしゃべりをするとき。最高のリラックスタイム。(文学部4年・女子学生)

 

難しいレポート課題が出されたとき。一緒に考えてくれて心強かった。(基幹理工学部4年・男子学生)

 

風邪で熱を出したとき。友達がプリントやノートをとっておいてくれたおかげで、授業についていけた。自分が悩んでいるときや落ち込んでいるときに、相談に乗ってくれたり、励ましてくれることも、とても有り難い。(法学部4年・女子学生)

 

1人暮らしの友人宅や居酒屋にみんなで集まるとき。一緒に旅行できるのもうれしい。(法学部4年・男子学生)

 

お昼や休み時間。友達がいれば、一人ぼっちでぽつんといなくて済むから。(農学部4年・女子学生)

 

テスト前。得意科目が異なるので、お互いに得意な科目を分担して演習問題を解いて、教え合えた。(大学院理工学研究科1年・男子学生)

 

一緒にゲームをプレイしているとき。ディープに趣味の話ができるのも友達がいるからこそ。(デジタルコミュニケーション学部4年・女子学生)

 

教育実習中。毎日疲れてへとへとだったが、友人から励ましのメールをもらって元気が出た。誕生日にプレゼントをもらったり、学校を休んだときにレジュメをもらったこともあった。(大学院文学研究科2年・男子学生)

 

つらいことがあったとき。一緒に泣いてくれたことで、心から信じられる友だと実感。彼女につらいことがあったときは、自分も彼女のために何かしてあげたいと思った。(国際経営学部4年・女子学生)

 

f_hitorigoto1

普段は一緒に楽しい時間を過ごし、困ったときにはお互いに助け合う…親しい友達がいることで、学生時代はグンと濃密なものになりそうだね。大学に入学してからなかなか友達ができないという人も、クラスやゼミ、サークル・部活、アルバイトや寮、家が近い同士など、あらためて周りを見回して、気が合いそうな人に積極的に声をかけてみては? きっと世界が広がるよ。

 

文/日笠由紀 イラスト/中根ゆたか

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。