【最新】リクルートスーツのお値段は?どこのお店で買う人が多いの?先輩アンケート実施

見た目の印象を決めるリクルートスーツ。「手ごろな値段で抑えたいけれど、着心地の良さは大事」「体のラインがきれいに見えるスーツを選びたい」など、希望はさまざまです。

そもそも「リクルートスーツ」とはいったいどんなものなのでしょうか?一般的には、就活中に着用する黒やグレー、ネイビーなどのスーツを指します。就活スーツや就活用スーツなどと呼ばれることもあります。

店頭などで「リクルートスーツ」として紹介していても、「リクルートスーツにも使えるスーツ」の場合が多く、就活中だけ着るというものではなく、社会人になってからも着られるデザインがほとんど。一日中歩き回る就活生のために機能的に作られている場合も多く、社会人が買うケースもあるようです。

リクルートスーツを着ている就活生

先輩たちは、どれくらいの価格帯のリクルートスーツを選んだのでしょうか。また、どのようなお店で買っている人が多いのでしょうか。アンケート結果と一緒に解説します。

「1万円~2万5000円未満」のリクルートスーツ(上下)を購入した先輩が多かった

まず、就活を経験した先輩たち(大学生・大学院生・社会人1~5年目の男女200人)に、実際に買ったスーツの値段を聞いてみると、次のような結果が出ました。

■リクルートスーツ(上下)の値段はいくらでしたか?(n=200、複数回答)

アンケート結果のグラフ「リクルートスーツ(上下)の値段はいくらでしたか?」

もっとも多かったのが「1万円~1万5000円未満」(25.5%)でした。次いで「1万5000円~2万円未満」(17.0%)、「2万円~2万5000円未満」(16.5%)という結果に。

また、「5000円~1万円未満(15.0%)」、「2万5000円~3万円未満」(14.0%)、「3万円以上」(4.5%)、「5000円未満」(3.0%)と続きました。「買ったことはない」という人も全体の15.0%いました。
この結果からは、先輩たちの多くは「1万円~2万5000円未満」でスーツを購入したことがわかります。

人気3店に聞く!男女別オススメのスーツ&就活グッズ紹介

次に、先輩たちにスーツを買ったお店を聞いたところ、「洋服の青山」「AOKI」「はるやま」の3つのお店が上位を占めました。

そこで、以下の記事で、アンケート結果の価格帯の各店オススメの商品を男女別に紹介します。また、スーツと一緒に靴やネクタイ、鞄といった就活グッズも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

男性編はこちら
女性編はこちら

 

【調査概要】
調査期間:2018年8月7日~8月9日
調査サンプル:就職活動を経験した大学生・大学院生と社会人1~5年目の男女200人
協力会社:株式会社クロス・マーケティング

 

文/田中瑠子

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。