【IT業界】インターンシップ中の鞄は色・大きさ・素材を重視|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.2

初めてインターンシップに参加する場合、「インターンシップってどんな服装で行ったらいいんだろう?」「普段の私服とは何が違うの?」と悩む人もいるのでは?この企画では、先輩たちがインターンシップに参加した時の私服を公開。参加した時期や業界も併せて紹介するので、参考にしてみましょう。

【春・夏】IT業界のインターンシップに参加した先輩の私服紹介

服装が自由なIT企業のインターンシップに参加した出原さんは、服装自由とはいえ、「社会人としてどんな服装をしたらいいのか?」を重視して服装を選んでいたようです。そんな出原さんに、春・夏に参加したインターンシップの服装を聞いてみました。

出原直人さん

中央大学商学部4年生
今回の私服で参加したインターンシップの業界:IT業界
参加した時期:2017年8月

男子学生:春のインターンシップに参加した私服

髪色・髪型

普段から黒髪・ヘアセットはしない派なので、そのままインターンシップにも臨んでいました。

トップス

襟付きのシャツを着るように意識していました。理由は、インターンシップ先では学生の私も「社会人」として接することになるので、服装自由な会社でしたが、しっかりとした印象を持ってもらいたかったからです。

ボトムス

綿素材の白いパンツは、清潔感があってオススメです。パンツの丈が少し長かったので、ロールアップしてルーズな印象にならないようにもしていました。

A4サイズがゆったり入る、通学バッグをインターン中も使っていました。(写真は以下に紹介)

普段はスニーカーも履きますが、ンターンシップ中は茶色の革靴でカジュアルすぎないようにしていました。でもカッチリしすぎるのも嫌だったので、よりフォーマルな印象の黒ではなく、茶色を選びました。

インターンシップ中の私服のこだわり・工夫したポイント

【ポイント1】腕時計はビジネスパーソンの必須アイテム

時計:春のインターンシップに参加した私服

学校に行くときは特に腕時計は着けないのですが、先輩社員に倣って、インターンシップ中は腕時計を着けるようにしていました。

学校生活の中では、スマホで時間を確認する人も多いと思いますが、インターンシップ中はスマホを出せないシチュエーションもあります。そんなとき、腕時計を着けていると便利です。社会人の皆さんが腕時計を着けている理由がわかりました!

【ポイント2】大容量の通学用の鞄をインターンシップ中も活用

鞄:春のインターンシップに参加した私服

通学にも使っている、ネイビーの肩掛けができる鞄を使っていました。レザー素材のネイビーの鞄を選んだのは、どんな服装にも合うと思ったから。実際、カジュアルにもフォーマルにも使えるので便利です。

また、インターンシップ中はパソコンを持ち歩いたり、資料をもらったりすることも多かったので、マチの広い鞄は重宝しました。

 

ほかの先輩の私服が見たい人は、こちら『インターンシップ「私服でお越しください」は何を着たらいい? 先輩たちの服装チェック』

取材・文/就職ジャーナル編集部
撮影/平山 諭

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。