【医療業界】通学もインターンシップも黒のリュックが大活躍|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.6

医療業界のインターンシップに参加した金子さんの私服を紹介します。参加先は「医療×AI」を手掛ける服装自由な企業で、自分なりのこだわりを存分に出すことができたのだそう。そんな金子さんのこだわりの服装を紹介します。

ほかの先輩の私服が見たい人は、こちら『インターンシップ「私服でお越しください」は何を着たらいい? 先輩たちの服装チェック』

【春・夏】医療業界のインターンシップに参加した先輩の私服紹介

プロフィール
金子幹也

青山学院大学法学部4年生
今回の私服でインターンシップに参加した業界:医療業界
参加した時期:2018年4月

春夏のインターンシップに参加した男子学生:私服

髪色・髪型

普段から黒髪にパーマをかけていて、インターンシップ中もこの髪型で行っていました。パーマをかけている理由は、単純に好きだから。もともとのストレートヘアよりもパーマヘアの方が気に入っているので、今では私の定番になっています。

トップス

黒の無地のスウェットです。インターンシップに参加した4月は肌寒かったというのと、動きやすさを重視して選びました。今回はデニムに合わせましたが、かっちりした印象を出したいときは、チノパンに合わせることもあります。

ボトムス

はき心地の良い、柔らかい素材のライトブルーのデニム。インターンシップ先の企業はデニムもOKだったので、よくはいていました。またトップスに暗い色を選ぶことが多いので、ボトムスには明るい色の方がいいかな、と思ってライトブルーのデニムを選びました。

通学もインターンシップ中も、大容量の黒いリュックを使っていました。(写真は以下に紹介)

清潔感を出したくて、白いスニーカーを履いていました。肩に力が入らないように、慣れている靴を選びました。

インターンシップ中の私服のこだわり・工夫したポイント

【ポイント1】髪型は自分らしくパーマヘアで

春夏のインターンシップに私服で参加した男子学生:髪型

実は、就活中もこのパーマヘアで面接などの選考に臨みました。ストレートヘアに戻さなかったのは、受けていた企業が比較的服装や髪型が自由だったというのもありますが、自分自身が気に入っている髪型の方が自信を持って臨めると考えたから。奇抜過ぎるのは良くないと思いますが、自分らしさを大事にするということは、就活中も忘れないでいられると自信につながると思います。

また、企業の方からは「オシャレな髪型だね」なんて言われることもあり、会話の種にもなりました(笑)。

【ポイント2】15インチのパソコンが楽々入るリュック

春夏のインターンシップに私服で参加した男子学生:鞄

通学用に買った大容量のリュックをインターンシップ中も使っていました。日ごろから15インチのパソコンを持ち歩いているのですが、このリュックだと余裕で入れることができます。また、外側にポケットがたくさん付いているので、スマホや財布などを取り出すときも便利です。

取材・文/就職ジャーナル編集部
撮影/刑部友康

 

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。