インターンシップ「私服でお越しください」は何を着たらいい?先輩たちの服装チェック

メインカット「インターンの私服は何を着たらいい?」

私服で行くことの多いインターンシップ。企業からも「私服でお越しください」と言われる場合もしばしば。では、いったいどんなもので行ったらいいんでしょうか?先輩たちがインターンシップに参加した服装を参考にしてみましょう。

先輩たちのインターンシップ中の私服大公開

vol.1 【春・夏】マスコミ(テレビ・出版・広告)業界、人材業界のインターンシップに参加した女子学生

春のインターンシップに参加した私服

複数の業界、企業のインターンに参加した早稲田大学の野水さん。企業によって服装は変えず、どの企業でも使える服装を「自分なりのルール」で考えて着ていたようです。そんな野水さんが春・夏に参加したインターンシップの服装を聞いてみました。

キレイ色スカートで“ちょっと目立つ”を意識|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.1

vol.2 【春・夏】IT業界のインターンシップに参加した男子学生

IT企業のインターンシップに参加した中央大学の出原さん。ラフな格好もOKの会社だったけれど、インターンシップ中は社会人としてかかわることも多かったので、服装にはこだわりを持って臨んでいました。出原さんの春・夏に参加したインターンシップの服装を紹介します。

男子学生:春のインターンシップに参加した私服

インターンシップ中の鞄は色・大きさ・素材を重視|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.2

vol.3 【秋・冬】コンサル業界のインターンシップに参加した女子学生

コンサルティング業界のインターンシップに参加している日本女子大学の倉上さん。インターンシップ先では、自分と同じ大学生に向けて、自社のサービス説明をする仕事を担当しているそう。そんな倉上さんの服装のこだわりを紹介します。

秋冬のインターンシップに参加した女子学生の私服

黒の万能トップスは形にこだわりを取り入れる|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.3

vol.4 【春・夏】不動産業界のインターンシップに参加した女子学生

不動産業界のインターンシップに参加した目白大学の鈴木さん。「モノトーン×柄物」のコーディネートがインターンシップ中の定番だったのだそう。そんな鈴木さんのこだわりの服装を紹介します。

春夏のインターンシップに参加した女子学生

【不動産業界】高見えする黒のフラットシューズをコーデのアクセントに|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.5

vol.5 【秋・冬】アパレル業界のインターンシップに参加した女子学生

アパレル業界のインターンシップに参加した経験のある日本女子大学の奥山さん。アパレル業界では、自分なりのこだわりを服装や髪型、持ち物に出すように言われていたそうです。そんな奥山さんの服装を紹介します。

秋冬のインターンシップに参加した女子学生

【アパレル業界】黒髪のボブヘアは結ぶ・結ばないを企業ごとに意識|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.5

vol.6 【春・夏】医療サービス業界のインターンシップに参加した男子学生

医療サービス業界のインターンシップに参加した金子さんの私服を紹介します。参加先は「医療×AI」を手掛ける服装自由な企業で、自分なりのこだわりを存分に出すことができたのだそう。そんな金子さんのこだわりの服装を紹介します。

春夏のインターンシップに参加した男子学生の私服

【医療サービス業界】通学もインターンシップも黒のリュックが大活躍|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.6

【秋・冬】不動産業界のインターンシップに参加した男子学生

不動産業界のインターンシップに参加した菅原さん。インターンシップ中は、高見えするプチプラアイテムをコーディネートに取り入れていたのだそう。菅原さんのこだわりの服装を紹介します。

秋冬のインターンシップに参加した学生の私服

【不動産業界】インターンシップ中は伊達メガネで“知的な印象”を演出!?|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.7

※次回以降も随時更新予定

 

取材・文/就職ジャーナル編集部
撮影/平山 諭
イラスト/yoko

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。