【不動産業界】高見えする黒のフラットシューズをコーデのアクセントに|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.4

不動産業界のインターンシップに参加した鈴木さん。「モノトーン×柄物」のコーディネートがインターンシップ中の定番だったのだそう。そんな鈴木さんのこだわりの服装を紹介します。

【春・夏】不動産業界のインターンシップに参加した先輩の私服紹介

プロフィール
鈴木美千花

目白大学人間学部4年生
今回の私服でインターンシップに参加した業界:不動産業界
参加した時期:2017年8月

春夏のインターンシップに参加した女子学生

髪色・髪型

黒髪のセミロングです。普段から特に結んだりはせず、下ろしていることが多いです。インターンシップもそのままの髪色・髪型で参加しました。

トップス

5分袖の黒のカットソーです。シーンを選ばずに万能に使えるので、黒は一着あると便利だと思います。写真だとわかりづらいのですが、首元のデザインが凝っているのも気に入っている理由の一つです。

ボトムス

とろみ素材のグレージュのワイドパンツを選びました。とろみ素材のあるパンツは、大人っぽさときちんと感を出してくれるので、ビジネスシーンにもぴったりだと思います。

インターンシップ中は、資料をもらうことも多いので大容量のバッグを使っていました。(写真は以下に紹介)

インターンシップ中は歩きやすさを重視して、フラットシューズを履いていました。特に、黒のフラットシューズはどんな服にも合うのでオススメです。

インターンシップ中の私服のこだわり・工夫したポイント

【ポイント1】歩きやすい黒のフラットシューズは女子の味方

インターン私服「靴」

ゴールド金具が付いているフラットシューズは、プチプラなもの。しかし、「かわいいし、高そうに見える!」と、友達からも評判が良いので、オン・オフ問わずに履いています。

また、インターンシップ中はストッキングも着用するようにしていました。普段はあまり着用しないのですが、インターンシップは、社会人として接する機会も多いので、身だしなみはきちんとした方が良いと思ったからです。

【ポイント2】ファスナーが付いている利便性の良い肩掛けバッグ

インターン私服「鞄」

A4サイズが入るファスナー付きの大容量な鞄は、柄が気に入って購入。インターンシップ中に限らず、普段からモノトーンの服装が多いので、どこかに柄を入れたいと思っていた時に見つけた鞄です。

また、インターンシップ中は満員電車に乗ることも多いので、防犯面でもファスナーがあるこの鞄は重宝していました。ひもも長くて肩から掛けやすいので、使い勝手も◎。

ほかの先輩の私服が見たい人は、こちら『インターンシップ「私服でお越しください」は何を着たらいい? 先輩たちの服装チェック』

取材・文/就職ジャーナル編集部
撮影/刑部友康

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。