【アパレル業界】黒髪のボブヘアは結ぶ・結ばないを企業ごとに意識|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.5

アパレル業界のインターンシップに参加した経験のある奥山さん。アパレル業界では、自分なりのこだわりを服装や髪型、持ち物に出すように言われていたそうです。そんな奥山さんの服装を紹介します。

ほかの先輩の私服が見たい人は、こちら『インターンシップ「私服でお越しください」は何を着たらいい? 先輩たちの服装チェック』

【秋・冬】アパレル業界のインターンシップに参加した先輩の私服紹介

プロフィール
奥山晶子

日本女子大学人間社会学部4年生
今回の私服でインターンシップに参加した業界:アパレル業界
参加した時期:2018年2月

秋冬のインターンシップに参加した女子学生

髪色・髪型

今は少し伸びてしまいましたが、黒髪のボブが私の定番ヘアです。インターンシップ中もこのままの髪色・髪型で臨みました。

トップス

お気に入りの茶色のブラウス。私がインターンシップに参加したアパレル業界の企業は、服装が自由でしたが、スーツで参加する学生もいます。ですから、スーツから浮かないように意識しつつ、自分らしさを出せるように考えました。

ボトムス

ハイウエストの白のスカート。生地が厚めなので、白でも透けないのがビジネスシーンにもオススメです。

インターンシップ中の服装選びのマイルールは、トップスは「柄・色などがある好きなもの」、ボトムスは「黒・ネイビー・白などのシンプルなもの」を掛け合わせて自分らしさを出すこと。

今回参加した企業は服装が自由なだけでなく、アパレル業界なだけあって、社員の方から「今日のコーディネートのポイントは?」と聞かれることもしばしば。その際、「自分らしい服装を大事にしてね」と言われていたので、意識するようにしていました。

資料やノートが入るように、大容量な就活用の鞄(黒)をインターンシップ中も使っていました。

ローヒールのショートブーツです。秋冬しかブーツは履けないので、オシャレ感を出したいと思って選びました。ヒールは低めなので、足も疲れません。ブーツNGの企業もあると思いますが、OKの企業にインターンシップに行くなら持っておくと便利だと思います。

インターンシップ中の私服のこだわり・工夫したポイント

【ポイント1】就活中のボブは、シーンの使い分けができるのでオススメ

インターン私服「髪型」

就活中にボブヘアでいるのは、難しい…と悩む人もいると思うのですが、私はむしろオススメの髪型だと思っています。

私は、アパレル業界のほかに不動産業界のインターンシップにも参加しました。不動産の企業は、アパレルの企業と比べて、かっちりとした服装・髪型が求められたのですが、アパレルの際はそのまま下ろして自分らしさを、不動産の際は結んできちんと感を出す、といったように髪型を使い分けることができました。

アパレル業界の場合も、ロングヘアの人は邪魔になるからと結んでいることも多かったのですが、ボブだったので結ばなくても気になりませんでした。

【ポイント2】色・形・長さの3点にこだわったお気に入りのスカート

インターン私服「ボトムス」

このスカートのオススメは色・形・長さの3点です。

まず、色は前述した通り、マイルールの「黒・ネイビー・白などのシンプルなもの」に当てはまる、白のスカートです。白といってもアイボリーに近いので、茶系のトップスとの相性は抜群です。

次に、形について。実は、このスカートの一番気に入っているポイントが形なんです。一般的なAラインのスカートのように見えるのですが、裾の形が「ギザギザ」になっているところにひと目ぼれしました。

長さについては、ビジネスシーンを意識して膝下を選びました。「スカートの丈は、短すぎても長すぎてもオフィスにはそぐわないかも?」と思い、気にするようにしていました。

取材・文/就職ジャーナル編集部
撮影/刑部友康

 

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。