【不動産業界】インターンシップ中は伊達メガネで“知的な印象”を演出!?|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.7

不動産業界のインターンシップに参加した菅原さん。インターンシップ中は、高見えするプチプラアイテムをコーディネートに取り入れていたのだそう。菅原さんのこだわりの服装を紹介します。

ほかの先輩の私服が見たい人は、こちら『インターンシップ「私服でお越しください」は何を着たらいい? 先輩たちの服装チェック』

【秋・冬】不動産業界のインターンシップに参加した先輩の私服紹介

プロフィール
菅原和仁

専修大学経営学部4年生
今回の私服でインターンシップに参加した業界:不動産業界
参加した時期:2018年3月

秋冬のインターンシップに参加した男子学生の私服

髪色・髪型

普段から黒髪なので、そのままインターンシップに行っていました。インターンシップや就活中は伊達メガネを掛けていることが多かったので、メガネにかからないように前髪は眉上に

トップス

ライトグレーのパーカーです。トレンドの「スポーツMIX」を取り入れたくて、選びました。企業によって、パーカーはNGという場合もあると思いますが、私のインターンシップ先はカジュアルな服装でもいい会社だったので着ていました。

ボトムス

プチプラブランドで購入した黒のテーパードパンツを選びました。テーパードパンツはきれいめな印象になるので、インターンシップ中は好んではいていました。

人工皮革の肩から掛けられる鞄を使っていました。(写真は以下に紹介)

かっちりし過ぎない黒のローファーを履くことが多かったです。また、靴下に派手な色(今回はオレンジ色)を入れることで、コーディネートのポイントにしていました。

インターンシップ中の私服のこだわり・工夫したポイント

【ポイント1】気合いを入れる場面では伊達メガネを掛ける

秋冬のインターンシップに参加した男子学生:メガネ

インターンシップ中や就活の面接など、気合いを入れて臨まなくてはいけない場面では伊達メガネを掛けていることが多かったです。これは私の持論ですが、知的さを演出できるような気がして掛けていました(笑)。

インターンシップや就活などの緊張する場面では、どうしても自分らしさを出し切るのは難しいです。しかし、服装にお気に入りのアイテムを取り入れたり、こだわったりすると、それだけで「頑張ろう!」と気持ちを後押ししてくれると思います。

【ポイント2】どんな服にも合わせやすい肩掛け鞄

秋冬のインターンシップに参加した男子学生:鞄

今回の鞄は、グレー・水色・白・黒・黄色と複数の色が入っているのに、不思議とどんな服装にも合わせやすいんです。インターンシップ中は、カジュアル・フォーマル問わず使っていました。

インターンシップではメモを取ることが多かったので、クリップボードを鞄に入れて持ち歩いていました。マチも広くてたくさん入るので、便利です。

 

取材・文/就職ジャーナル編集部
撮影/刑部友康

 

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。