【コンサル業界】黒の万能トップスは形にこだわりを取り入れる|先輩たちのインターンシップ私服チェック vol.3

コンサルティング業界のインターンシップに参加している倉上さん。インターンシップ先では、自分と同じ大学生に向けて、自社のサービス説明をする仕事を担当しているそう。そんな倉上さんの服装のこだわりを紹介します。

ほかの先輩の私服が見たい人は、こちら『インターンシップ「私服でお越しください」は何を着たらいい? 先輩たちの服装チェック』

【秋・冬】コンサル業界のインターンシップに参加した先輩の私服紹介

プロフィール
倉上智華

日本女子大学人間社会学部4年生
今回の私服でインターンシップに参加した業界:コンサルティング業界
参加した時期:2018年2月~11月現在も続けている

秋冬のインターンシップに参加した女子学生の私服

髪色・髪型

普段から黒髪なので、インターンシップ中もそのままにしています。

長さは肩下ですが、特に結んだりしていません。そのままのストレートヘアで、インターンシップに参加しています。

トップス

どんなボトムスにも合う、黒のトップス。普段から、トップスは無地や黒、白などの使い勝手のいいものを選ぶことが多いです。

今回のものはノースリーブですが、今の時期はこの上にジャケットやカーディガンを着て通勤しています。でも、社内ではこのままでいる方が多いですね。というのは、社内は暖房が効いていて、むしろ暑いくらいの日もあるから。重ね着をして調整できるようにしています。

ボトムス

花柄が好きなので、自分らしさが出せるようにお気に入りのスカートをチョイスしました。

今のインターンシップ先では、大学生向けのサービス紹介・説明を担当していて、“社会人の立場”で大学生に接しています。そこで、花柄や鮮やかな色のボトムスを取り入れるなど、「派手すぎないけど華やかな印象を持ってもらう」ことを意識して服装を選ぶようにしています。

資料やノートが入るように大きめの鞄を使っています。(写真は以下に紹介)

歩きやすいようにローヒールのペタンコ靴で。どんな服にでも合うように、トップスと同じく黒いものを履いています。また、インターンシップ先への通勤時の電車遅延など、急なトラブルがあってもローヒールだったら走れるので重宝しています。

インターンシップ中の私服のこだわり・工夫したポイント

【ポイント1】後ろ姿がかわいい!万能な黒トップスは形にこだわってチョイス

インターンシップ私服「トップス」

黒のトップスは、前から見ると一般的な形なのですが、実は後ろにリボンが付いています。ここが一番のお気に入りポイント。服装の中に1つでもお気に入りポイントがあると、テンションが上がって仕事がはかどる気がしています!(笑)

【ポイント2】柔らかい印象のベージュの鞄はどんな服装にも合う優れもの

インターンシップ私服「鞄」

通学用に大容量の鞄が欲しくて探していた時に出合った鞄です。黒と迷ったのですが、ベージュだと柔らかい印象になるかなと思い、こっちの色を選びました。

インターンシップ中は資料をもらうことも多いので、この鞄を使っています。また、自宅から会社まで電車に乗っている時間が長く、時間つぶし用に本を持ち歩いているので、その点でも大容量な鞄は便利です。

取材・文/就職ジャーナル編集部
撮影/刑部友康

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。