インターンシップ中に言われた、人事からのキツイひと言で自信喪失して引きこもっていたのですが…【就活なんでも相談室】Vol.6

「働く」の第一歩となる就活は、誰にとっても初めての経験。思うように進まなくて途方に暮れ、立ち止まってしまうケースも少なくありません。そんなとき、親身になって相談に乗ってくれる人がいたら…と思うことはありませんか。

そんな悩める就活生の相談を、仏のような慈愛の心で受け止め、女神のように温かく励ましながら、これからのことを一緒に考えてくれるキャリアアドバイザーがいます。この連載では、彼らの元を訪れる就活生とアドバイザーとのやりとりを公開します。同じ迷いや悩みを抱える就活生に、きっとヒントが見つかります。

<今回のご相談>

3年秋のインターンシップで経験したできごとがトラウマになって、引きこもっています。でも、やっぱり就職したくなって…今からでも間に合いますか。
都内有名私立大学経営学部4年生のD男さん。「3年の秋に参加したインターンシップ中に人事担当者から言われた言葉が胸にささり、家から出られなくなって、アルバイトにも行かずに家で毎日ゲームをしていました。『自分なんかを受け入れてくれる企業はない』と思って…。でも、やっぱり就職したくて…。こんな自分でも、道はひらけるでしょうか」

<答える人>

プロフィール
島津 綸子
リクナビ就職エージェント*のキャリアアドバイザー。主に文系学生を担当。「個性」を活かして働けるように、一人ひとりの学生と徹底的に向き合うことにこだわりを持つ。趣味は料理。好きな球団は広島カープ。

「自分なんかを受け入れてくれる会社はない」と思ったら、何も手につかなくなり、引きこもりに・・・

キャリアアドバイザー島津(以下CA島津) 私どものリクナビ就職エージェントに登録くださった就活生の方には、ご希望に応じて求人情報や応募にまつわるご相談にお答えしています。D男さん、以前お話を伺った際は3年生秋のインターンシップ参加後は特に就活をしていないと仰っていましたよね。その後いかがですか。

D男さん はい、実は今は何も…、就活していないんです。

CA島津 何かあったのですか?よかったら聞かせてください。就活の途中ではいろいろなことがあります。力になれることがあるのではないかと思います。

D男さん ありがとうございます。僕は3年の夏のインターンシップから就活をスタートさせたのですが、秋に参加したインターンシップのコンサル企業の人事の方から、これまで誰にも言われたことのないキツイことを言われて、すっかり落ち込んでしまって…。

CA島津 そうでしたか。

D男さん ゲームの会社やIT企業など、あまり業種を絞らずにエントリーしたうちの1社だったので、第1志望というわけではなかったのですが、有名な企業でしたので期待も大きかっただけに、その分ショックで、「きっと自分なんか受け入れてくれる企業なんかないんだ」と思うと、何もする気になれなくなってしまいました。

CA島津 半年近くも、引きずってしまったのですね。

D男さん まったく自信がなくなって、塾のバイトもできなくなって、家でゲームばかりしていました。でも、やっぱりフリーターではなく就職したいと思うようになって…。

CA島津CA島津 それは大変でしたね。気持ちを切り替えるどころではなかったのですね。でも、よく連絡くださいました。

 

インターンでトラウマをうけ、ショックで引きこもりに。

 

就活で落ちても、それは存在の否定ではないし、ましてや人格否定ではない

D男さん もともと僕にはブランド志向があって、大学も、有名なところに行きたくて、2浪してでもここしかないと決めて入学しました。知名度のあるそのコンサル会社でダメなら、きっと、どの業界でも自分が望んでいる名の通った会社は全部ダメだろうなと思ったんです。そもそも自信があったわけではないので、もうダメだなと思うと、何をするにもまったく自信がなくなりました。

CA島津 そうだったんですね。でも、就活の結果や面接での評価は、決して人格の否定ではないんですよね。人事担当の方にD男さんの魅力や能力が伝わらなかった、あるいはその企業と合わなかった、ただそういうことなのです。

D男さん 「全否定ではない」か…。そうですよね。きっと、自分が自分にとらわれているんでしょうね。話を聞いてもらえて、気がラクになってきました。

CA島津 何でも思うことを話してください。きっと今は自分のダメな部分だけが心を占めていると思いますが、ここでは、その会社には伝わらなかったけれどもD男さんが本来持っている強みを、はっきりと自覚できるよう整理していきましょう。

自分の強みを、実際のエピソードを基に客観的に見直してみる

CA島津 D男さんは、ご自分の強みはどんなところだと思いますか。

D男さん 忍耐力、継続力ではないかと思います。大学も、絶対に合格すると決めて2浪してでも受かりましたし。

CA島津 なるほど。課題に対する解決策を考えるお力がありますね。その他、うまくいかないことがあったときに、試行錯誤して課題を解決したご経験はありましたか?

D男さん そういえば、塾のアルバイトでは、生徒が問題が解けないときや壁にぶつかったときには、同じ方法を忍耐強く繰り返させるより、もっと有効な違う方法があるんじゃないかと考えました。それで、場合によっては塾や学校で指定されていた教材を思い切って変えてみたり、少し早くても過去問を使ってみたりして、その生徒に合った“デキル方法”を考えるとうまくいくことがよくありました。それから生徒が塾で勉強する時間は限られていますから、僕の関与の仕方もティーチングからコーチングに切り替えて、塾にいない時間の勉強の計画を作ってあげたりしました。僕がそばにいない時の方が圧倒的に時間が長いので。これもうまくいった理由のひとつだと思います。

CA島津 ご自身の大学受験のときも、何か工夫をしましたか。

D男さん 2浪目の受験直前になってのことですが、自分なりに短期間で最も効果的だと思う勉強法を作って、自分に徹底しました。これでなんとか合格できたと思っています。

CA島津 なるほど。どのお話からも、ご自身で強みだと認識している「時間をかけて愚直に勉強したり課題に取り組む」忍耐力や継続力に強みがあるタイプとは、ちょっと違うようですね(笑)。
では趣味のゲームについて教えてください。個人でプレイして楽しむのですか、それとも、対戦したりソフトを作ったりするのですか。

D男さん どちらもやります。ソフト作成ではコンテストに応募して入賞したこともあります(自作のゲームの説明を始める)。プレイする方では、短時間に効率よくクリアしていくのが得意です。

CA島津 それはすごいですね!塾やゲームのお話からも、D男さんには「これでダメなら違うことをしよう」というふうに、課題に対していくつものアプローチの方法が考えられる、つまり課題解決の提案ができる力があることに気がつきます。この強みは、コンサル業界やIT業界などで、特に求められる能力です。しかも、生徒に本気で向き合ってきたように、対象が必要とするときに効果的な課題解決ができる強みをさらに備えているのではないでしょうか。
インターンシップの時の人事の方の言葉に傷ついたことは事実でしょうが、D男さんのような強み、能力を持っている人材を探している企業は決して少なくありませんよ。

D男さん 本当ですか!実は、僕の家族との関係にも原因があるのかもしれないのですが、どうも、僕は自己肯定感が弱いというか、モチベーションが弱いというか、自分を認めていないところがあって。今日のように、いろいろ聞いてもらった上で僕のことを整理してもらうと、とても素直に自分に向き合うことができて、自分を認めることができます。

能力だけではなく、性格も考慮して、
自分らしく働ける環境の業界・企業を選ぶ

CA島津 よかったです!では、エントリーのための整理に移りましょう。D男さんには、必要なときに求められる課題解決の提案力がある、という強みが明らかになりました。さらにお話をうかがっていると、誰も見ていないところで工夫するというより、周囲からD男さん自身が期待されているときにそれが発揮されるようですね。
そういったD男さんの性格を考慮すると、チーム力で何かを進める環境よりは、一人ひとりの裁量権が大きい環境、そして結果主義ではなくプロセスも評価してくれる環境の企業に応募されると結果を出せるのではないかと、私は思います。この条件でピックアップしてみたところ、この10社ほどでしょうか…(CA島津は、コンサル会社、IT業界などの求人情報を提示)。
どの企業も、課題解決のHOWを提案できるやりがいのある企業だと思います。また、社員数も多くないので、いわば少数精鋭で、入社後すぐに結果が出せなくても、期待し続けてくれるような社風もあります。

D男さん 能力だけじゃなくて、性格も把握した上で企業の環境との相性なども考えるんですね。僕はこれまで、自分が認められるのは、所属する組織によるものだと考えてきました。大学名とか、会社名とかだけが重要なんだと。まさにブランド志向、だったんですね。
けれども、今日こうして自分を引き出してもらって、合う、合わないを考えることができて、本当によかったです。
今後は自分自身が力をつけることによって、自信を持って生きていきたいと思いました。引きこもったままでいたら、どうなっていたんだろうと思います。
本当にありがとうございました。

CA島津 勇気を出してご連絡くださってよかったです。これからはさらにD男さんらしさを生かして、力を発揮していってください。期待しています!

 

その後…

D男さんはその後、CA島津が提案した10社の中の1社(ITコンサル企業)と、自分で応募した1社(エンタテインメント業界)の2社から内定を取得。前者に内定承諾後、連絡があり、意思決定理由は『1. 自分の強みを生かしていくことができそう』『2. 社員さんが自分に向き合い、認めてくれる』『3. 自分自身がスキルを身につけていくことができそう』の3点だと話した。「面接で、ゲームの話を尋ねられました。そこで正直にエピソードを話せたことで、面接の場がすごく盛り上がりました。島津さんが企業に、僕のことを少し話してくれていたのですね。ありがとうございました」。

 

リクナビ就職エージェント』は就職活動を無料で支援するサービス。会員登録後、専属のアドバイザーが個別に面談を行い、あなたの希望や適性に合う企業を選んで、求人情報を紹介します。エージェントだからこそできる求人情報の紹介、面接アドバイスや履歴書添削なども行っています。

 

就活をはじめる以前に、本当はいろんな不安や悩みがありますよね。
「面倒くさい、自信がない、就職したくない。」
大丈夫。みんなが最初からうまく動き出せているわけではありません。

ここでは、タテマエではなくホンネを語ります。
マジメ系じゃないけどみんなが気になる就活ネタ。
聞きたくても聞けない、ホントは知りたいのに誰も教えてくれないこと。
なかなか就活を始める気になれないモヤモヤの正体。
そんなテーマを取り上げて、ぶっちゃけて一緒に考えていきましょう。

みなさんが少しでも明るく一歩を踏み出す気持ちになれることが、
私たちの願いです。