就職ジャーナル | 1日10分の社会勉強サイト

HOME > 学生DATA > 学生×シゴト総研 > 就活、いつが一番忙しかった?

掲載日:2012年11月15日

大学4年生・大学院2年生に聞きました。就活、いつが一番忙しかった?

就活の各イベントで忙しい時期はありましたか?

解説
  就活を経験した大学4年生・大学院2年生に、就活の各イベントについて忙しい時期があったかどうかを尋ねたところ、「はい」と答えた割合が一番高かったのが「エントリーシートの記入・送付」で、全体の6割近くに上り、次いで「個社説明会への参加」「エントリー」「面接」が半数を超えるほぼ同水準で並んだ。

就活の各イベントが忙しかったのはいつでしたか?

解説
  続いて、いつが一番忙しかったかを各イベント別に尋ねたところ、2011年12月に「エントリー」と「就職関連イベントへの参加」が、2012年2月には「エントリーシートの記入・送付」と「個社説明会への参加」、2012年3月に「筆記試験」、2012年4月に「面接」がピークを迎える傾向にあることがわかった。

一番忙しい時期をどうやって乗り切った?         〜リアルボイス編〜

エントリーシート提出が重なった2月ごろは、電車での移動時間に、エントリーシートに書くネタを決め、スマートフォンのメモ帳に書きとめておくことで、家で机の前に座って作業する時間を減らすことができた。(文学部・男子学生)

合同企業説明会が多く、エントリーシート送付や個社説明会もあった2月が一番忙しかった。なんとか乗り切れたのは、少しでも「疲れがたまったな」と感じたら、動けなくなる前に1日休みを入れるようにしたからかも。長丁場なので、無理をしていたら就活自体が続けられなかったと思う。(生涯学習システム学部・女子学生)

個社説明会に出る度に、その会社向けの履歴書を書かなくてはならなかった。書き損じたら書き直しの繰り返しで、とてもつらかったが、午前中だけ説明会を入れた日の午後に集中して取り組んだ。(理工学部・男子学生)

3月ごろは、個社説明会がとても多かったので、1日2社と決め、外出する日をまとめるようにして、体力や交通費・飲食費を節約するようにしていました。(文学部・女子学生)

2月ごろからエントリーシートなどで忙しくなるのがわかっていたので、事前にいくつか自分にまつわるエピソードなどをピックアップしてまとめておいたところ、提出が重なっても、慌てずに対処できた。(大学院基幹理工学研究科・男子学生)

履歴書の学歴欄など、どの企業に提出にするにせよ内容に変わりがない部分は、空き時間にあらかじめ記入したものを数枚、準備しておいた。これだけでも気持ちにゆとりが生まれた。(人間社会学域・女子学生)

説明会参加で一番忙しい時にアルバイトも重なっていたため、体力的なことも考え、アルバイトを控えて就活を優先した。(法学部・男子学生)

年明けに筆記試験や大学の専攻科目の試験が集中していたので、それに備えて年末年始は実家に籠(こも)って集中的に勉強。おかげでバタバタせずに済みました。(大学院工学研究科・女子学生)

履歴書やエントリーシートを毎日のように書かなければならなかった。どうしても徹夜になるときは、途中で休憩時間を設け、好きな音楽を聴いて、気分転換をしながら乗り切った。(外国語学部・男子学生)

就活では、県外に行くことが多く、土地勘がないところばかりだったので、携帯電話をスマートフォンに切り替え、移動中でも地図やメールの確認ができるようにして、家での下調べに時間をかけずに済むようにした。(福岡県在住・大学院生物資源環境科学府・女子学生)

筆記試験の1週間前くらいから大学の講義のテストが始まり、両方の勉強を並行して行わなければならなくなってしまったが、前の年の12月くらいから筆記試験の勉強をコツコツ積み重ねてきたことで、両方ともなんとか納得のいく結果が出せた。(経済学部・男子学生)

2月ごろは、大学の授業に出たり、アルバイトも続けながら、エントリーシート記入、説明会、筆記試験、面接、それらの下調べなどで本当に忙しかった。睡眠時間も少なく、自由な時間もほとんどなかったが、少しでも空いた時間があれば、彼と会ったりしながら気分をアゲつつ、モチベーションだけで乗り切った。(文学部・女子学生)

研究員Fのひとりごと

なるほど、複数の先輩たちがリアルボイスでつぶやいているように、一番のピークは、エントリーシートと個社説明会、就職関連イベントの2度目のピークが一気に重なる2月なんだね。とはいえ、前々から準備をしておくことで、ピークのときの負担を減らすこともできるし、上手に気分転換の時間などもつくることで、乗り切ることもできそう。例えば、今からできることとして、企業研究なら「ジクレポ!」、自己分析なら「リクナビ診断」にまずは着手しておくのもよさそうだよ。

研究員F
企業研究するならジクレポ!
この記事を共有する

文/日笠由紀 イラスト/中根ゆたか デザイン/ラナデザインアソシエイツ

  • バックナンバーはこちら
page top