就職ジャーナル | 1日10分の社会勉強サイト

HOME > 学生DATA > 学生×シゴト総研 > どんなインターンシップにエントリーしましたか?

掲載日:2010年8月5日

大学3年生・大学院1年生の皆さんに聞きました。どんなインターンシップにエントリーしましたか?

インターンシップにエントリーしましたか?

解説
  大学3年生・大学院1年生に、インターンシップにエントリーしたかどうかを尋ねたところ、ほぼ3割が「はい」と答えた。
  属性別に見てみると、男子学生と女子学生では女子学生、文系学生と理系学生では文系学生の方がエントリーした学生の割合が多く、学部生と大学院生では学部生の方が若干エントリー率が高い傾向が見られた。
  また、リクナビ2012「みんなの投票」で行ったアンケートによると、エントリーした会社の数では、「1〜2社」が約4割で一番多く、「3〜5社」が20%、わずかながら「11社以上」という人もいた。

インターンシップにエントリーした方にお聞きします。エントリーしたインターンシップのプログラム内容はどのタイプですか?(複数回答)

解説
  インターンシップにエントリーした学生に、エントリーしたインターンシップのプログラム内容について尋ねたところ、一番多かった答えが「仕事体験ができる」というもので、全体の8割強に達し、ほかの答えを大きく引き離した。次いで「業界研究ができる」が半数近くにのぼり、「就職活動ノウハウが学べる」「先輩と話せる」「社内・工場見学ができる」が約3割で並んだ。
  また、リクナビ2012「みんなの投票」で行ったアンケートによると、インターンシップの希望期間では、「1週間」が約4割で一番多く、次いで「2〜3日間」が30%、「2〜3週間」が17%、「1日限り」が13%となったが、ごくわずかながら「1カ月以上」という人もいた。

なぜそのインターンシップにエントリーしたの? 〜リアルボイス編〜

金融関係の仕事に興味がありましたが、自分で独自に業界研究をするよりも、会社で直に生の言葉を聞いた方が身になると思ったため、エントリーしました。(経済学部・女子学生)

希望している業種の会社が、具体的にどんな業務内容なのかまだ理解できていないので、見学型のインターンシップにエントリーしました。(総合情報学部・男子学生)

プログラム内容はまだ公開されていないが、合同企業説明会のときに人事の人にとても魅力を感じたのでエントリーした。(経済学部・女子学生)

所属する学科であっせんしてくれるので、申し込みしやすかったのと、現場で働くことで、今までパンフレットや先輩の話でしか聞いたことがなかった世界を直接見ることができる良い機会だと思ったから。(工学部・男子学生)

プログラムに海外研修が含まれていたから。(商学部経営学科・女子学生)

理系の思考力を生かす方法を学ぶため、商社のインターンシップにエントリーしました。(理学部・男子学生)

第一志望の会社だったが、BtoBのビジネスのため、業界研究がしにくく、自分がどんなふうに働くかイメージがつかみにくかったため。(大学院経済学部・女子学生)

学生のうちにいろいろ経験してみたいと考え、社内見学やビジネスマナー、グループディスカッションから発表までさまざまな経験ができる会社のインターンシップにエントリーしました。(大学院情報科学研究科・男子学生)

泊まり込みのため、3食付きで費用があまりかからなさそうだから。(社会学科・女子学生)

社員の方々の営業に同行できるため、仕事の内容がわかる点が魅力でした。(大学院薬学部・女子学生)

研究員Fのひとりごと

みんなが続々とインターンシップにエントリーしている様子がリアルに伝わってきたね。ただ、エントリーした人の割合は。昨年の同じ時期の調査の「37.6%」と比べると、少し減っているようだよ。インターンシップは夏だけでなく、冬休みにも行われるから、せっかくのチャンスをぜひ生かしてもらいたいな。

研究員F
この記事を共有する

文/日笠由紀 イラスト/中根ゆたか デザイン/ラナデザインアソシエイツ

  • バックナンバーはこちら
page top